男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー

  • なおみわっつぷれいずえりーぱーかー
  • Ellie Parker
  • Ellie Parker

amazon


  • 平均評点

    52.0点(3人)

  • 観たひと

    8

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006/11/11
上映時間 95分
製作会社 ドリーム・エンタテインメント
配給 グラッシィ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

次から次へとオーディションを受けるが仕事も恋愛もうまくいかない女性が、捨て身になり最後の賭けに出る姿をコメディタッチで描く。監督は「マルホランド・ドライブ」などに出演、本作が初監督作となるスコット・コフィ。出演は「ザ・リング」のナオミ・ワッツ、「カポーティ」のマーク・ペルグリノ、「ブロンドの獲物」のレベッカ・リグ。

あらすじ

エリー・パーカー(ナオミ・ワッツ)は女優の卵。映画スターになる事を夢見ながら今日もオーディションを掛け持ちして、ハリウッドの街中を駆けずり回っている。車のトランクにはどんな役柄のオーディションにも対応できるようありとあらゆる衣装がゴッソリ詰まっている。分きざみのスケジュールをこなすには、車を走らせながら、服の着替えやヘアメイク、セリフの暗記まで全てこなさなければいけなかった。恋人ジャスティン(マーク・ペルグリノ)もまたロック・スター志望の売れないミュージシャンで、エリーに隠れて浮気にはげんでいる。仕事も恋愛もうまくいかず、ムシャクシャしているエリーだが、ある日追突事故がきっかけで売り出し中のフォトグラファー、クリス(スコット・コフィ)と知り合う。受けても受けてもオーディションに落ち続け、女優をやめようかと考え始めたエリーだが、親友のサム(レベッカ・リグ)もマネージャーのデニス(チェビー・チェイス)も真剣に取りあってくれない。もうスターへの夢を諦めようと思った矢先、大きなチャンスが舞い込んでくる。超大作のオーディション。エリーはこれが最後の機会とばかりに悲愴な決意で会場に向かうが……。

関連するキネマ旬報の記事