男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナイト・オブ・ザ・スカイ

  • ないとおぶざすかい
  • Les Chevaliers Du Ciel
  • The Knights of the Sky

amazon


  • 平均評点

    54.0点(38人)

  • 観たひと

    76

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル アクション
製作国 フランス
製作年 2005
公開年月日 2006/2/18
上映時間 100分
製作会社 マンダリン・フィルムズ=アウトサイダー・プロダクションズ=M6フィルムズ=パテ・ディストリビューション
配給 UIP
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「TAXi」で世界的ヒットを飛ばしたジェラール・ピレス監督による、“フランス版「トップガン」”。出演は「ピアニスト」の美形俳優、ブノワ・マジメル。撮影にはフランス空軍が全面協力し、世界有数のジェット戦闘機ミラージュ2000が使用されている。

あらすじ

航空ショーで、フランスの戦闘機ミラージュ2000が姿を消した。マルシェリ大尉(ブノワ・マジメル)とセヴァロワ大尉(クロヴィス・コルニアック)は捜索を開始するが、何者かに操られたミラージュ2000をやむなく撃墜する。空軍最高司令部はミラージュが攻撃することはありえないと判断し、二人は新兵の訓練という閑職に追いやられる。新兵の中には、マルシェリがかつて恋に落ちたエステル・キャス(アリス・タグリオーニ)がいた。再び心動かされるマルシェリ。そんな中、彼らの軍籍を剥奪するという最悪の裁定が下される。しかしそれは、特殊任務部隊(SMS)の隊長ベルトラン(フィリップ・トレトン)の差し金だった。ベルトランは中東の某国から、アメリカのF16とミラージュ2000のいずれかを購入するというオファーを受けていた。その決定は、アフリカ大陸をどちらが早く横断するかによるという。名誉を挽回すべく、マルシェリはこの危険なレースへの参加を決め、メンバーにはエステルもいた。かくして最も危険なフライトが始まるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年2月上旬号

キネ旬チョイス 「ナイト・オブ・ザ・スカイ」:作品評

キネ旬チョイス 「ナイト・オブ・ザ・スカイ」:フランス映画事情