男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

デイジー

  • でいじー
  • Daisy
  • DAISY

amazon


  • 平均評点

    67.0点(82人)

  • 観たひと

    158

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 韓国
製作年 2006
公開年月日 2006/5/27
上映時間 125分
製作会社 アイ・フィルム
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

異国の地で巡り合った3人の男女の愛の軌跡を、スタイリッシュなアクションにのせて描いたラブ・ストーリー。主演はチョン・ウソン(「私の頭の中の消しゴム」)、チョン・ジヒョン(「僕の彼女を紹介します」)、イ・ソンジェ(「エンジェル・スノー」)。監督は「インファナル・アフェア」三部作のアンドリュー・ラウ。

あらすじ

オランダで暮らす画家の卵へヨン(チョン・ジヒョン)は、ジョンウ(イ・ソンジェ)という男と出会い、運命的なものを感じる。以前へヨンが事故にあった時、助けてくれた謎の男がいた。その男にデイジーの画を残していくへヨン。1ヵ月後、匿名の男からデイジーの花が送られてきた。ヘヨンは、あの時の男が自分を見守ってくれていると信じるようになる。そして今、その男こそジョンウに違いないと彼女は確信したのだった。しかし真実は違った。へヨンを助けたのは殺し屋パクウィ(チョン・ウソン)だったのだ。彼もまたジョンウと同じようにヘヨンを深く愛するようになっていた。ジョンウの正体は麻薬捜査官だった。そしていきなり何者かに狙撃されたジョンウは重傷を負い、ヘヨンは流れ弾に当たって声を失ってしまう。韓国に送還されたジョンウを待つヘヨンの前にパクウィが現れた。パクウィはヘヨンがジョンウを愛していることに失望し、一方戻ってきたジョンウはヘヨンとパクウィが一緒にいることにショックを受ける。やがてジョンウは狙撃者を誘き出すために自ら囮となる計画をたてた。そしてパクウィが受け取った次のターゲットの写真はジョンウのものだったのだ……。

関連するキネマ旬報の記事

2006年7月上旬号

劇場公開映画批評:デイジー

2006年6月上旬号

作品特集 「デイジー」:アンドリュー・ラウ監督 インタビュー

作品特集 「デイジー」:作品評

作品特集 「デイジー」:チョン・フンタク(プロデューサー) インタビュー