男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ソウ3

  • そうすりー
  • SAW III
  • SAW III

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.0点(307人)

  • 観たひと

    620

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2006/11/18
上映時間 108分
製作会社 ライオンズゲート・フィルムズ=ツイステッド・ピクチャーズ
配給 アスミック・エース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

殺人鬼・ジグソウの仕掛けた“ゲーム”に巻き込まれた人々が、自らの生死を賭けて生還への道を探るスプラッター・ミステリー。主演は「ソウ2」に引き続いてジグソウを演じるトビン・ベル。監督は「ソウ2」のダーレン・リン・バウズマン。

あらすじ

ケリー刑事は或る爆殺事件の現場に駆けつけた。捜査員たちは連続殺人鬼“ジグソウ”の仕業と断定するが彼女は違和感を覚える。ジグソウの“死のゲーム”は厳格な“ルール”が存在し、その一点に限っては“フェア”なのだ。しかしこの現場はそれに適わない。何者の仕業なのか? その頃、女性外科医リンは帰宅途中に誘拐され、医療機器が置かれた部屋に監禁される。そこには治癒不可能の脳腫瘍に冒されたジグソウがベッドに寝かされていた。そこに現れたアマンダ。彼女はかつて“死のゲーム”から生還した被害者であったが、以来ジグソウに付き従い、彼の後継者と成る事を切望していた。彼女はリンに“ゲーム”のルールを説明する。この建物内に監禁されているある男に仕掛けた“ゲーム”が終了するまで、ジグソウを延命させること。それが出来なければリンは殺されるが達成できれば無事に解放すると約束する。ジグソウを診断するリン。このままではいつ死んでもおかしくない。一方、建物の地下で目を覚ましたジェフ。彼は3年前にひき逃げ事件で息子を失い、家族を顧みずに犯人への復讐の準備を進めていたのだが、ジグソウとアマンダに突然拉致監禁されたのだった。“ゲーム”が始まり、彼の前に、息子のひき逃げ事件の関与者たちが瀕死の状態で次々に差し出される。惨たらしいその姿を見、ジェフは彼らを許すが、救う事が出来ない。“救う方法”が用意されていないのだ。このゲームにはそもそも“ルール”が無かった。他方、リンはジグソウの頭蓋骨の切開手術を決行し、碌な設備も機材もないが危険な手術をやりとげる。アマンダの提言通りゲーム終了までジグソウを延命させたリンだが、アマンダは約束を破り、彼女を殺した。アマンダはこれまでにも“ルール”を無視し、“ゲーム”の生還者を殺していたのだった。リンを殺したアマンダに、覚醒したジグソウは、このゲームはそもそも彼の「使命」を継ぐことが出来るか否かをテストするためにアマンダに仕掛けられた“ゲーム”だったのだと告げる。そこに現れるジェフ。リンとジェフは実は夫婦だった。彼は殺されたリンの姿を見て激昂しアマンダを銃で撃ち殺した。アマンダは“ゲーム”をクリアする事が出来なかった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年12月下旬号

劇場公開映画批評:ソウ3

2006年12月上旬特別号

作品特集 「ソウ3」:ダーレン・リン・バウズマン監督 インタビュー

作品特集 「ソウ3」:作品評

作品特集 「ソウ3」:シリーズ3部検証