男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クリムト

  • くりむと
  • Klimt
  • Klimt

amazon


  • 平均評点

    61.0点(27人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル 伝記 / アート
製作国 オーストリア フランス ドイツ イギリス
製作年 2006
公開年月日 2006/10/28
上映時間 97分
製作会社 エポ・フィルム
配給 メディア・スーツ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

20世紀初頭に活躍したウィーンの画家グスタフ・クリムトの人生の後半に起きた出来事や彼を取り巻く人々を、時間経過やストーリーのつながりを無視して描く伝記ドラマ。クリムトに扮するのは「リバティーン」のジョン・マルコヴィッチ。監督・脚本は「見出された時-『失われた時を求めて』より-」のラウル・ルイス。

あらすじ

1918年。芸術の都ウィーンの栄光は終焉を迎えようとしていた。絵画に新たな潮流を生み出した画家グスタフ・クリムト(ジョン・マルコヴィッチ)もまた、命の灯火を消そうとしていた。脳卒中で倒れ病院に運ばれた彼を見舞うのは、愛弟子のエゴン・シーレ(ニコライ・キンスキー)ただ一人。発作に苦しみ、朦朧とした意識の中、クリムトの目には、栄光と挫折の人生が蘇る……。1900年。保守的なウィーンでは、彼の描く裸の女性がスキャンダルとなった。対照的にパリでは絶賛され、パリ万博で金賞を受賞する。その会場でスクリーンに映る美しい女性レア(サフラン・バロウズ)に心奪われたクリムトは、嫉妬する恋人ミディ(ヴェロニカ・フェレ)を放っておき文化省の書記官(スティーヴン・ディレイン)の計らいでレアと密会を果たし、彼女の肖像画の依頼を受ける。ウィーンに戻ったクリムトは、大臣から助成金を打ち切られたことを聞き、ますます反抗的になる。そんなとき、クリムトのモデルをしていたミッツィ(アグライア・シスコヴィチ)が彼の子どもを産んだと聞き、会いに行く。彼にはモデルたちとの間に、すでにたくさんの子どもがいたのだ。ミディにプラトニックな愛を求め、モデルたちに肉体的な愛を求めるクリムト。しかし彼の魂が求めるのは、宿命の女レアだけだ。書記官にレアと会うことを促され、彼女の居場所を教えられる。しかし、周囲の人には書記官の姿は見えず、クリムトの独り言にしか見えない。謎の書記官はクリムトのもう一人の自分、心の声だったのだ。心の声に導かれるままに、彼はレアの庇護者である公爵(ポール・ヒルトン)に会いに行く。しかし公爵はレアは死んだと告げる。虚構と現実が入り交じり、パラノイアは深まる。クリムトは混沌とした意識で、自分の世界を彷徨うのだった。

関連するキネマ旬報の記事