男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キング 罪の王

  • きんぐつみのおう
  • The King
  • The King

amazon


  • 平均評点

    67.7点(33人)

  • 観たひと

    89

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006/11/18
上映時間 105分
製作会社 コンテント・フィルム=フィルムフォー
配給 メディア・スーツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

新しい家庭を築いている父に邪険に扱われた青年が、最悪のタブーを冒し一家に亀裂を生じさせる、サスペンス・ドラマ。監督・製作・脚本は、 ドキュメンタリー作品「Wisconsin Death Trip」(未)で英国アカデミー賞を受賞したジェームズ・マーシュ。脚本は「チョコレート」でアカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされたミロ・アディカ。出演は「モーターサイクル・ダイヤリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」でアカデミー賞最優秀助演男優賞にノミネートされたウィリアム・ハート、「ブロークン・フラワーズ」のペル・ジェームズ。

あらすじ

海軍を退役した青年、エルビス・バルデレス(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、メキシコ人の亡き母から聞かされていた父親に会うため、テキサス南部の町“コープス・クリスティ”に向かう。父デビッド・サンダウ(ウィリアム・ハート)は、今では牧師になり、美しい妻トゥワイラ(ローラ・ハーリング)、神学を専攻する優秀な息子ポール(ポール・ダノ)、純真な娘マレリー(ペル・ジェームズ)と新しい家庭を築き、裕福な暮らしを営んでいた。エルビスは、なけなしの金で中古車を買い、日曜のミサが行われている父の教会に乗りつける。エルビスはデビッドとその家族に対面するが、デビッドにとって、突然現れた息子は汚れた過去を象徴する存在だった。困惑したデビッドは、曖昧な約束だけを交わしてエルビスを追い払うのだった。しかしエルビスは、腹違いの兄妹であることを承知の上で、ひそかにマレリーを誘惑する。事実を知らないマレリーは彼の魅力の虜になってしまう。禁じられた関係は深まり、二人はついに血縁のタブーを冒す。その事実に気づいた者は、ポールだけだった。そしてエルビスの手によって、一家の幸福に急速に亀裂が入り、不吉な波紋が広がり始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年5月上旬号

DVDコレクション:第312回 「キング 罪の王」

2007年1月下旬号

劇場公開映画批評:キング 罪の王

2006年11月下旬号

作品特集 「キング 罪の王」:俳優ガエル・ガルシア・ベルナルの魅力

作品特集 「キング 罪の王」:作品評

作品特集 「キング 罪の王」:脚本家ミロ・アディカで観る「キング 罪の王」