男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カサノバ(2005)

  • かさのば
  • Casanova
  • Casanova

amazon


  • 平均評点

    65.7点(53人)

  • 観たひと

    107

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006/6/17
上映時間 112分
製作会社 マーク・ゴードン・カンパニー=ハルストレム・ホールラン・プロダクション
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ヒース・レジャー Giacomo Casanova
シエナ・ミラー Francesca Bruni
ジェレミー・アイアンズ Bishop Pucci
オリヴァー・プラット Pietro Paprizzio
レナ・オリン Andrea Bruni
オミッド・ジャリリ Lupo Salvato
チャーリー・コックス Giovanni Bruni
ナタリー・ドーマー Victoria Donato

解説

恋に生き、愛に殉じ、生涯“恋愛至上主義”を貫いた歴史に残るプレイボーイ、ジャコモ・カサノバの若き日々を描いた恋愛映画。監督は「ショコラ」のラッセ・ハルストレム。出演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャーと、「アルフィー」のシエナ・ミラー

あらすじ

18世紀、ヴェネチア。当代きってのプレイボーイ、カサノバ(ヒース・レジャー)は修道女との情事の後、教会の役人に追われ、女性の自由をめぐる討論が行われている大学の講堂へ逃げ込む。女性の解放を叫ぶ論客が男装を解くと、美しい女性が現れた。彼女の名はフランチェスカ・ブルーニ(シエナ・ミラー)。そこへ役人たちが講堂になだれ込み、カサノバは逮捕される。不貞、放蕩、異端行為、不法家宅侵入などの余罪で死罪を宣告されたカサノバだが、からくもヴェネチア総督の取りなしで放免となる。しかし教皇庁にマークされている彼が次の追手から逃れるためには、さらに強力な後ろ楯が必要だった。そこで総督はカサノバに、良家の子女との結婚を迫る。かくして花嫁探しが始まり、彼がターゲットにしたのはヴェネチア一の美少女で、処女の誉れも高い名家の一人娘ヴィクトリア。父親の反対にあうものの、本人自らの強い希望で婚約が成立した。ところが、ヴィクトリアの婚約を知った隣家の青年ジョバンニから決闘を申し込まれる。激しい剣技の応酬の末にジョバンニを打ち負かしたカサノバが、相手の仮面を剥ぐと、現れたのは例のフランチェスカ嬢だった。男顔負けの腕前を誇る彼女は、弟ジョバンニの身代わりだった。フランチェスカは決闘の相手が噂のカサノバとは知らず、本人を前にして鋭い舌鋒でカサノバを一刀両断する。プレイボーイとしての生き方を否定されたカサノバだが、逆にフランチェスカへ恋の炎を燃え上がらせる。しかし、彼女には親の決めた婚約者であるパプリッツィオという恋敵がいた。強敵の出現に、カサノバは早速パプリッツィオに接触し、容姿を気にする彼をフランチェスカ好みの男性に改造してみせると自宅に引き止める。そしてフランチェスカには、自分こそが彼女の婚約者だったと偽るが……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年2月上旬号

DVDコレクション:第298回 「カサノバ」

2006年7月下旬特別号

劇場公開映画批評:カサノバ