男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イーオン・フラックス

  • いーおんふらっくす
  • Aeon Flux
  • Aeon Flux

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    56.7点(276人)

  • 観たひと

    490

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006/3/11
上映時間 93分
製作会社 ヴァルハラ・モーション・ピクチャーズ=MTVフィルムズ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

独裁体制下の未来社会を舞台に、女戦士の活躍を描くSFアクション。監督は「ガールファイト」のカリン・クサマ。脚本は『クレイジー/ビューティフル』(V)のフィル・ヘイとマット・マンフレディ。原作はピーター・チョンのアニメーション。撮影は「リクルート」のスチュアート・ドライバーグ。音楽は「アサルト13 要塞警察」のグレーム・レヴェル。美術は「リクルート」のアンドリュー・マッカルパイン。衣裳は「リクルート」「アルフィー」のベアトリス・アルナ・パストール。出演は「スタンドアップ」のシャーリーズ・セロン、「キングダム・オブ・ヘブン」のマートン・ソーカス、「メリンダとメリンダ」のジョニー・リー・ミラー、「ホテル・ルワンダ」のソフィー・オコネドー、「クイルズ」のアメリア・ワーナー、「スタンドアップ」のフランシス・マクドーマンド、「ダーク・ウォーター」のピート・ポスルスウェイトほか。

あらすじ

2415年、汚染された外界と壁で隔てられた都市ブレーニャ。かつてワクチンで人類滅亡の危機を救った科学者であり救世主の子孫、トレヴァー8世(マートン・ソーカス)のもと、その弟オーレン(ジョニー・リー・ミラー)と科学者たちで成り立つ政府は、秩序の維持を理由に圧制を強いていた。反政府組織モニカンの女戦士イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)は、結婚したばかりの妹ユーナ(アメリア・ワーナー)がモニカンの分子と誤って抹殺されたことから、政府に対する復讐を誓うようになった。そこへモニカンの司令塔ハンドラー(フランシス・マクドーマンド)から、君主トレヴァーの暗殺指令を下される。イーオンは改造人間シサンドラ(ソフィー・オコネドー)を援護につけ、トレヴァーを狙う。だがトレヴァーと接触した途端、イーオンの脳裏に覚えのない彼と過ごした記憶が浮かぶ。実はブレーニャに住む人間たちは皆、ワクチンの副作用で女性たちが不妊になってしまったことから開発されたクローン人間であり、イーオンは、かつてのトレヴァーの妻キャサリンの生まれ変わりだったのだ。トレヴァーは不妊の治療法を密かに研究していたのだが、オーレンはブレーニャの秩序を崩壊させる治療法の発見を恐れていた。そしてユーナは、実は自然妊娠したから殺害されたのだった。トレヴァーの研究成果は、権力を握ったオーレンに破壊されてしまったが、女たちに自然治癒が起こり、次々と妊娠が起こり始めていた。やがて戦闘の中、イーオンはオーレンを射殺。ブレーニャは再びトレヴァーが君主となり、新しく生まれ変わった体制となるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年4月下旬号

劇場公開映画批評:イーオン・フラックス

日本映画紹介/外国映画紹介:イーオン・フラックス