男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロボッツ

  • ろぼっつ
  • Robots
  • Robots
  • 平均評点

    61.3点(96人)

  • 観たひと

    185

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル アニメーション / SF / ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/7/30
上映時間 90分
製作会社 Blue Sky Studios
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「アイス・エイジ」のスタッフが製作したフルCGアニメーション映画。ロボットの世界を舞台に、心優しいロボットが大都会で困難に直面しながら仲間と友情を築き、巨大な陰謀に立ち向かう。声の出演は「SW3」「アイランド」のユアン・マクレガー、オスカー女優ハル・ベリー、「インソムニア」のロビン・ウィリアムズなど。

あらすじ

小さな町の貧しい皿洗い器ロボット、コッパーボトム夫妻の間に生まれた男の子ロドニー(声:ユアン・マクレガー)。両親の愛に包まれて育った彼は、偉大な発明家ビッグウェルド博士(メル・ブルックス)に憧れる。「外見が何で作られていても、誰もが輝くことができる」という博士からのメッセージに感激したロドニーは、やがて発明が大好きな青年に成長する。両親の生活を助けるため、そして立派な発明家になるという夢を抱いて、大都市ロボット・シティへと向かう。息子の旅立ちに不安と悲しみから戸惑っていた両親も、ロドニーを信頼して彼の夢の実現を心から祈るのだった。ロボット・シティへ着いたロドニーがまず足を踏み入れたのは、労働者階級のロボットたちが住む町。その町で一所懸命に生きている中古部品で作られたロボットたちの集団「ラスティーズ」と出会う。「ラスティーズ」のリーダーで、いつもどこかの部品を落として困っているフェンダー(ロビン・ウィリアムズ)や、そのおしゃまな妹パイパー、彼らが暮らすアパートの愉快な家主ファンおばさんたちと、ロドニーは友だちになってゆく。だが、この大都会ロボット・シティでは、大企業ビッグウェルド・インダストリーズの経営者ラチェット氏の陰謀が進行中だった。ラチェット(グレッグ・キニア)は、世の中に必要なのは最新部品でアップグレードし続けるロボットのみで、アップグレードすることをやめた中古ロボットは、存在する必要がないという考えの持ち主。彼はその理想を実現するため、すべての中古ロボットをスクラップにするという恐るべき計画を進めていたのだった。そしてラチェットの背後には、彼以上に邪悪で策謀に長けた母親、マダム・ガスケットの存在があった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年8月下旬特別号

特別企画 「ロボッツ」「マダガスカル」にみる21世紀アニメーション:アニメ・プロダクションの動向

特別企画 「ロボッツ」「マダガスカル」にみる21世紀アニメーション:クリス・ウェッジ監督 インタビュー

特別企画 「ロボッツ」「マダガスカル」にみる21世紀アニメーション:トム・マクグラス監督 インタビュー

特別企画 「ロボッツ」「マダガスカル」にみる21世紀アニメーション:作品評