男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サヨナラ(1957)

  • さよなら
  • Sayonara
  • Sayonara

amazon


  • 平均評点

    65.7点(19人)

  • 観たひと

    29

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1957/12/20
上映時間 147分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 4chステレオ
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「南太平洋」「トコリの橋」で日本にも馴染み深いジェームズ・A・ミッチェナーの同名小説の映画化で今年、日本ロケして完成した。「エデンの東」のポール・オスボーンが脚色、「バス停留所」のジョシュア・ローガンが監督した。撮影は「友情ある説得」のエルスワース・フレデリックス、音楽は「昼下りの情事」のフランツ・ワックスマン。主演は「八月十五夜の茶屋」のマーロン・ブランド、2世の新人、高美以子、「日のあたる島」のパトリシア・オウエンス、「君知るや南の国」のリカルド・モンタルバン。ほかにマーサ・スコット、ナンシー梅木、新人、久場礼子など。

あらすじ

朝鮮戦争で活躍した米空軍のジェット・パイロット、ロイド・グルーバー少佐(マーロン・ブランド)は、休養のため日本で内地勤務に服せよとの命令で、同僚のケリイと日本へ来た。グルーバーの日本勤務は、彼の婚約者アイリーン(パトリシア・オウエンス)の父、ウェブスター将軍の計らいによるもので将軍は一方、夫人とアイリーンを本国から日本に呼び寄せていた。日本で再会したグルーバーとアイリーンは大喜びだったが、永い間の疎遠からか2人の心はしっくりしなかった。アイリーンは観劇の際知合った歌舞伎役者(リカルド・モンタルバン)に魅かれていった。その頃、同僚のケリイは日本娘カツミ(ナンシー梅木)を知り、彼女と結婚を誓うまでになっていた。米軍人と日本娘の結婚は御法度とされている折りだけに、グルーバーも初めは反対した。しかしケリイらの真剣な愛情にうたれた彼は日本娘との結婚に強硬に反対するウェブスター将軍に眉ついてまでも賛成、2人の結婚の付添人となることを承諾した。が、そのためアイリーンとの結婚はお預けにされた。ある日グルーバーは、松林歌劇の花形スター、ハナオギ(高美以子)と偶然会い、その美しさに打たれた。彼は松林歌劇の舞台へ日参した。しかし男子禁制の松林歌劇のスターであるハナオギとは仲々話合う機会もなかった。が、歌劇団の踊り子と親しいカツミの手引でグルーバーはハナオギと会うことができた。ハナオギも彼を愛していた。2人は密会を続けたが、ともに束縛される身。その頃「日本人と結婚した軍人は米国へ送還する」との司令が流れ、ケリイとカツミは心中をとげた。この事件で衝撃を受けたハナオギは、グルーバーの身を立てようと秘かに別れを告げ東京公演へと去った。だが東京にかけつけ必死に結婚を説くグルーバーの愛に、ハナオギも改めて将来を誓った。彼女のファンに米国軍人との結婚を発表した。「上司に何か?」との新聞記者の質問に、グルーバーは「サヨナラと言っていたと伝えてくれ」と答え、ハナオギを抱えて去った。

関連するキネマ旬報の記事

2004年3月下旬号

DVDコレクション :第111回 「サヨナラ」

1958年6月下旬号

外国映画批評:サヨナラ

1957年12月下旬号

「サヨナラ」研究:「サヨナラ」と日本ロケ映画

「サヨナラ」研究:異邦人の見たニッポン

「サヨナラ」研究:ある日本の横顔

シナリオ:サヨナラ

シナリオ:サヨナラ 訳者のことば

1957年12月上旬号

新作グラビア:サヨナラ

外国映画紹介:サヨナラ