男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

インファナル・アフェアIII 終極無間

  • いんふぁなるあふぇあすりーしゅうきょくむげん
  • 無間道III:終極無間
  • Infernal Affairs III

amazon


  • 平均評点

    74.3点(251人)

  • 観たひと

    472

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / アクション
製作国 香港
製作年 2003
公開年月日 2005/4/16
上映時間 118分
製作会社 Basic Pictures=Media Asia Films=Tianjin Film Studio
配給 コムストック
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

トニー・レオン、アンディ・ラウをはじめ、ハードな世界に生きる男たちのドラマを重厚に描いた「インファナル・アフェア」三部作の最終章。ヤン殉職前後の2つの時期に焦点を当て、警察内部に潜伏し続けるラウの最後の戦いを追う。監督は前2作引き続きアンドリュー・ラウとアラン・マック。

あらすじ

潜入捜査官ヤン(トニー・レオン)の殉職から10ケ月後。エレベーター内の監視カメラが壊されていたために難航していた事件の検証が、ようやく終わった。ヤンからの情報に基づいてマフィアのサム(エリーック・ツァン)の組織を壊滅させた翌日、再びヤンと接触した折に潜入マフィアのラムが現れ、ヤンを射殺したラムをやむなく殺害した、というラウ(アンディ・ラウ)の証言は、全面的に認められた。しかし、彼は一時的に庶務課に左遷される。あの事件以来、ラウは眠れない日々を送っていた。婚約前に妊娠していたマリー(サミー・チェン)は、生まれた赤ん坊を連れてラウのもとを去っていった。また、エレベーター内でラムが語った「全部で5人」という言葉が重くのしかかり、残りの潜入マフィアを探し出しては始末してきたのだ。しかし、保安部のヨン警視(レオン・ライ)の前でチャン巡査部長が自殺する事件が起き、現場近くに居合わせたラウは新たな懸念を抱く。「なぜだ、同じ仲間だろ?」と、ヨンに問いかけたチャンの悲痛な声。銃声に続き、部屋から銃を手に出てきたヨン…。華々しい実績を挙げて異例の出世を遂げてきたエリート警官であり、かつてのラウを思わせるヨン。彼もまた、潜入マフィアなのか? 内務調査課に警部として復帰したラウは、保安部の秘密主義に阻まれながらも、この事件の調査を開始する。チャンのデスクには、サムとの会話が録音されたテープの入った封筒が置かれ、彼が潜入マフィアだったことを証明していた。またチャンは、サムの商売相手だった本土の大物シェン(チェン・ダオミン)とも、つながっていた。そのシェンが、ヨンと一緒に写っている写真も見つかる。ひそかに保安部に監視カメラを設置し、ヨンの車に発信機を取り付けたラウは、ヨンが金庫に保管していたテープを、ポストに投函するところを目撃する。そこに現れたのは、義足の音を響かせるシェンだった。ラウはまた、精神科医リー(ケリー・チャン)に近づき、パソコンに大切に保存されていたヤンのカルテを手に入れる。そのカルテには、ヤンの生涯でもっとも幸福だった日々が記されていた。カルテを読むうちに、ラウはヤンに自分を重ね、ヤンの世界に入り込んでいく。だが、いつしかヤンの死の真相を知る者の気配が、ラウの背後に忍び寄ろうとしていた。

関連するキネマ旬報の記事

2005年10月上旬特別号

DVDコレクション:第214回 「インファナル・アフェア3 終極無間」

2005年6月上旬特別号

劇場公開映画批評:インファナル・アフェア3

2005年4月上旬春の特別号

特集 「インファナル・アフェア3」:1、2を振り返る

特集 「インファナル・アフェア3」:作品評