男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

タッチ・オブ・スパイス

  • たっちおぶすぱいす
  • A Touch of Spice
  • A Touch of Spice

amazon


  • 平均評点

    66.7点(24人)

  • 観たひと

    44

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ギリシャ
製作年 2003
公開年月日 2005/2/5
上映時間 107分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

2004年のアテネと1950年代の古都コンスタンチノーブルを舞台に、ひとりの少年の成長とトルコギリシャの現代史を絡めて描くノスタルジックで心温まる人間ドラマ。あらゆるシーンで登場するギリシャ料理の数々が大きな見どころで、色々な種類のスパイスの調理法が登場する。本国ギリシャでは、観客動員数の記録を塗り替えて国民的映画となった。

あらすじ

1960年代、トルコのイスタンブール。スパイス店を営むおじいさんの家で、暖かい家族、大好きな友達に囲まれ育った少年ファニスは、屋根裏部屋でおじいさんからスパイスの効用、天文学の話を聞いて育つ。そんなある日、戦争の煽りでギリシャ人強制退去の命を受け、「後で追いかける」と言うおじいさんを残して、一家はアテネへ移住。しかしおじいさんとは会えないまま時は過ぎ、ファニスは料理の上手な子供から青年へ、そして天文学者へと成長する。やがて、いよいよおじいさんから移住の連絡が入る。しかし歓迎の料理を作り、家族皆でおじいちゃんの到着を待つ席で電話のベルが鳴る。おじいちゃんが重い病で倒れてしまったのだ。2003年。自らイスタンブールを訪ねたファニスは、昏睡状態のおじいちゃんと再会し、その最期を看取る。葬儀で幼なじみのサイメに再会したファニスは、彼女がやはり幼なじみのムスタファと結婚したこと、幼い娘がいること、結婚は破綻しかけていることを知る。そしてファニスは、一番大切な「人生のスパイス」を手に入れようと心に決めるのだった。

関連するキネマ旬報の記事