男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スクール・オブ・ロック

  • すくーるおぶろっく
  • The School of Rock
  • The School of Rock

amazon


  • 平均評点

    78.9点(613人)

  • 観たひと

    1104

  • 観たいひと

    62

  • レビューの数

    47

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/4/29
上映時間 110分
製作会社 スコット・ルーディン・プロダクション
配給 UIP
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

売れないロッカーが代用教員になりすまし、小学生にバンドを組ませてしまう学園コメディ。監督は「テープ」のリチャード・リンクレイター。脚本・出演は「グッド・ガール」のマイク・ホワイト。撮影は「イナフ」のロジェ・ストファーズ。音楽は「しあわせの法則」のクレイグ・ウェドレン。音楽監修はランドール・ポスターに加え、音楽コンサルタントを人気ミュージシャンのジム・オルークが担当している。衣裳は「10日間で男を上手にフル方法」のカレン・パッチ。出演は「ハイ・フィデリティ」のジャック・ブラック、「あなたのために」のジョーン・キューザック、「エボリューション」のサラ・シルヴァーマンほか。

あらすじ

デューイ(ジャック・ブラック)は、ロック・バンドのメンバーとしてワイルドに生きている男。だが、代用教員の親友ネッド(マイク・ホワイト)のアパートに居候している彼は、多額の家賃滞納によりネッドの恋人パティ(サラ・シルヴァーマン)を激怒させ、アパートから追い出すと宣告される。バンド・バトルで優勝すれば賞金で家賃を払えると考えるが、破天荒な態度が問題となりバンドをクビになってしまった。途方に暮れた彼は、名門小学校からネッドにかかってきた仕事の依頼の電話を受け取る。デューイはネッドになりすまして、この学校の代用教員になることにする。まんまと厳しい女校長のマリンズ(ジョーン・キューザック)を騙し、小学校5年生の担任に。そして音楽室から流れてくる生徒たちのクラシック演奏を聴き、生徒たちにロックをやらせて一緒にバンド・バトルへ出場するという計画を思いつく。リード・ギターに内気な少年ザック(ジョーイ・ゲイドス・ジュニア)、ドラムスにフレディ(ケヴィン・クラーク)、キーボードに寡黙なローレンス(ロバート・ツァイ)、ベースにケイティ(レベッカ・ブラウン)、コーラスにソウルフルな歌声を持つトミカ(マリアム・ハッサン)を抜擢し、クラスの仕切り屋の女子生徒サマー(ミランダ・コスグローヴ)をマネージャーにするなど、生徒全員に役割を与えた。生徒たちは、ロックの世界を通じて自由と個性を知っていく。マリンズ校長をバーに誘ったデューイは、彼女がスティーヴィー・ニックスのファンであることを利用して、生徒の校外引率の許可をもらう。いよいよ大会が近づくが、パティの通報によってデューイは学校を追放に。だが生徒たちは彼を迎えに行き、バンド・バトルへ出場。優勝は逃したものの素晴らしい演奏に観客は魅了され、デューイたちはアンコールに応えるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年7月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:スクール・オブ・ロック

2004年6月上旬号

劇場公開映画批評:スクール・オブ・ロック

2004年5月上旬特別号

特集 「スクール・オブ・ロック」:リチャード・リンクレイター監督論

特集 「スクール・オブ・ロック」:作品評

特集 「スクール・オブ・ロック」:マイク・ホワイト インタビュー