男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

CHARON カロン

  • かろん
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    61.0点(7人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2005/1/29
上映時間 89分
製作会社 GRAND CAFE PICTURES
配給 ゴールデン・ネットワーク・アジア(香港)
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督高橋玄 
脚本高橋玄 
製作総指揮ポール・チェン 
プロデューサー高橋玄 
川本淳市 
撮影飯岡聖英 
美術吉田悦子 
音楽高井ウララ 
村上純 
小倉直人 
録音菊地進平 
照明小川満 
編集菅野善雄 
その他柴崎憲治 

キャスト

出演川本淳市 示現道男
森崎めぐみ 川杉由都/勝木秀子
水上竜士 勝木大
船木壱輝 道男の部下・木戸
水木英昭 文芸誌編集者・吉行
吉守京太 組織の若手幹部・伊藤
國井まりあ 勝木の愛人・奈津子
深井亜紀 ホステス・ルナ
いわいのふ健 殺し屋
福沢重文 スカウトマン

解説

幾つもの謎を残し失踪したひとりの女の行方を追って、作家の夫とヤクザの恋人が旅するロード・ムービー。2000万円という低予算の製作費ながら、映画人たちが企画の意義に共鳴して参加。ドイツのマンハイム・ハイデルベルグ国際映画際に、インターナショナル・コンペティション正式招待作品に選出された。プロデューサーは、「不夜城」「キッチン」「もういちど逢いたくて(星月童話)」のポール・チェン。監督は「突破者太陽傳」の高橋玄。

あらすじ

著名な作家の勝木大(水上竜士)は、結婚相談所で「一切の性生活の不在」「私生活に干渉しないこと」「私を養わないこと」という3つの奇妙な条件を提示した女性・太田秀子(森崎めぐみ)と結婚した。だが、作家の妻となった秀子は、書店の店員・川杉由都、そして町の相談役を務めるギャングの恋人・示現道男(川本淳市)と暮らす娼婦のカロンという3つの顔を持つ多重生活者だった。彼女のそれぞれ別の顔は、勝木も道男も知らない。ある日、客に殺されかけたカロンは、自己防衛で傷害事件を起こしてしまう。カロンと道男の関係が変わり始めたその頃、夫である勝木は、妻が娼婦・カロンであると知り、客としてカロンをホテルの部屋に呼んだ。その翌日、カロンは町から忽然と姿を消した。夫である勝木、恋人である道男は、それぞれ別の道からカロンの足取りを追う途中で出会い、共にカロンを探す旅に出る。そして、作家とギャング、ふたりの男が辿り着いた旅の先に見たものは、彼女が「カロン」と名乗り続けた哀しい謎の解答だった。

関連するキネマ旬報の記事