男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ディック&ジェーン 復讐は最高!

  • でぃっくあんどじぇーんふくしゅうはさいこう
  • Fun with Dick and Jane
  • Fun with Dick and Jane

amazon


  • 平均評点

    63.3点(114人)

  • 観たひと

    213

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/12/24
上映時間 91分
製作会社 イマジン・エンタテインメント
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ジョージ・シーガルとジェーン・フォンダの共演で77年に製作された「おかしな泥棒ディック&ジェーン」を、ジム・キャリーとティア・レオーニでリメイクした痛快コメディ。リアリティがありすぎなリストラされたサラリーマンを演じるのは「トゥルーマン・ショー」「ブルース・オールマイティ」の全米屈指のドル箱スター、ジム・キャリー。監督は、「ギャラクシー・クエスト」で落ちぶれた俳優たちやオタクをヒーローに押し上げたディーン・パリソット。

あらすじ

ディック・ハーバー(ジム・キャリー)は、IT開発企業グローバダイン社に勤務する優秀な社員。愛する妻ジェーン(ティア・レオーニ)との間に息子ビルをもうけ、幸福な家庭を築き、マイホームも手に入れたうえに仕事ではコミュニケーション部部長への昇進も決定。ハーバー家はアメリカンドリームを実現した、理想の一家と思われた。昇進後のディックの最初の仕事はテレビの経済番組に出演し、自社のPRをすること。ところが生放送中、とんでもないニュースが飛び込んできた。グローバダイン社のCEO、マカリスター(アレック・ボールドウィン)が過去2年で自社株のほとんどを売却しており、経営はすでに破綻していたのだ。キャスターの追及をしどろもどろでかわして戻ってみると、社内は大混乱に陥っていた。マカリスターの片腕だったバスコム(リチャード・ジェンキンス)にもその事実は初耳で、ウィスキーをあおってヤケになっている。社員たちは残務整理に大慌て。ただひとり大儲けして、ヘリコプターで逃げるように立ち去るマカリスターを、ディックは呆然と見送るしかなかった。帰宅したディックを待っていたのは、ジェーンが勤め先の旅行代理店を辞職したという知らせ。彼女は仕事よりも家庭を優先させることを選んだのだ。ディックは「心配するな、再就職の当てはある」と大見得を切るが、現実は甘くない。部長職の肩書きにふさわしい転職先が見つからないまま、3か月が過ぎた。負債だけがつのり、電気も止められた。マイホームを売ろうにも不動産が暴落したため借金は残る。背に腹は変えられず、ディックはスーパーで、ジェーンはスポーツジムで仕事を得るが、どちらもすぐにクビになる始末。高級家具もプラズマテレビも売りに出したが、一時しのぎに過ぎない。背に腹は変えられないとばかりに、ディックはコンビニ強盗を決意する。ジェーンに「バカはよして」と止められるも、店員に銃を向けた以上、後戻りはできない。意外なほどあっさり金を強奪できた二人は、その日から強盗稼業に全力投球。勤勉なふたりは犯行に必要な情報を吸収し、その手口は回を重ねるほど洗練されてゆく。そんなある日、銀行強盗を企てたふたりは、そこで覆面姿の先客の強盗コンビに遭遇。逮捕されたこのふたりは、なんとディックのかつての同僚とその妻だったのだ。その夜、TVのニュースでは逮捕された同僚夫妻の映像とともに、グローバダインの元社員たちの現在の惨状、そして狩りを楽しむマカリスターの姿が映し出されていた。意を決したディックは偶然再会したバスコムから情報を得て、マカリスターから大金を奪う計画を練る。場所は大胆にも、マカリスターが取引をしている最中の銀行内。白昼堂々、実行に移されたディック&ジェーンのこの計画は成功するのか!?

関連するキネマ旬報の記事