男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ダウン・イン・ザ・バレー

  • だうんいんざばれー
  • Down in the Valley
  • Down in the Valley

amazon


  • 平均評点

    59.9点(20人)

  • 観たひと

    41

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/12/17
上映時間 112分
製作会社 エレメント・フィルムズ=クラス5フィルムズ
配給 アートポート
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

郊外に現われた現代のカウボーイが引き起こす悲劇を描いた異色ドラマ。監督・脚本は『ジェフリー・ダーマー』(V)のデイヴィッド・ジェイコブソン。撮影は「タブロイド」のエンリケ・シャディアック。音楽は人気シンガー・ソングライターのピーター・サレット。衣裳は「バンガー・シスターズ」のジャクリーン・ウェスト。製作・主演は「僕たちのアナ・バナナ」(監督も)、「キングダム・オブ・ヘブン」(出演のみ)のエドワード・ノートン。共演は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のエヴァン・レイチェル・ウッド、「ダブル・ビジョン」のデイヴィッド・モース、「サイン」のローリー・カルキン、「モンスター」のブルース・ダーンほか。

あらすじ

カリフォルニア州サンフェルナンド・バレー。17歳の少女トーブ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、厳しい刑務官の父ウェイド(デイヴィッド・モース)と、まだ手のかかる13歳の弟ロニー(ローリー・カルキン)との3人暮らし。窮屈な毎日にうんざりしていたトーブは、ある日、カウボーイハットを被った風変わりなガソリンスタンドの店員ハーレン(エドワード・ノートン)と出会う。彼に興味をそそられたトーブは、仲間と共に海に誘うと、ハーレンはその場で辞職してついてきた。2人は急速に惹かれ、そのまま付き合うようになった。トーブの家に招かれたハーレンは、弟ロニーにも優しく接するが、父ウェイドはどこか得体の知れない彼を警戒する。ある時、ハーレンはトーブを知り合いがやっているという牧場に連れていく。ところがそこの牧場主(ブルース・ダーン)はハーレンのことを知らず、彼を馬泥棒扱いする。警察沙汰になったことで、ウェイドはトーブに彼との交際を禁じる。ハーレンはウェイドがいない時間に家を訪れるが、勝手にロニーに銃を持たせたことから、トーブも彼に対し不信感を抱き始めた。やがてハーレンはトーブに駆け落ちを迫るが、拒まれてしまい、つい彼女を撃ってしまう。幸い命は助かったが、ハーレンはそのままロニーを馬に乗せて逃亡。ハーレンが前科者であったことに気づいたウェイドは、彼の行方を追う。そしてハーレンは、ウェイドが放った銃弾に倒れるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年2月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ダウン・イン・ザ・バレー