男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ある子供

  • あるこども
  • L' Enfant
  • The Child

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.8点(174人)

  • 観たひと

    304

  • 観たいひと

    31

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル 社会派 / ドラマ
製作国 ベルギー フランス
製作年 2005
公開年月日 2005/12/10
上映時間 95分
製作会社 レ・フィルムズ・デュ・フルーヴ
配給 ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

子供ができた若いカップルの過ちを描くドラマ。監督・製作・脚本は「息子のまなざし」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟。撮影のアラン・マルコァン、美術のイゴール・ガブリエル、衣裳のモニク・パレルなど、主要スタッフはダンデンヌ組の常連が結集。出演は「ジェヴォーダンの獣」のジェレミー・レニエ、これがデビューとなるデボラ・フランソワほか。2005年カンヌ国際映画祭パルムドール大賞受賞。

あらすじ

20歳の青年ブリュノ(ジェレミー・レニエ)と18歳の恋人ソニア(デボラ・フランソワ)の間に子供が産まれる。ブリュノは手下のように使っている少年スティーヴ(ジェレミー・スガール)たちと共に盗みを働き、盗品を売った金でその日暮らしをしている身だ。真面目に働いて欲しいと彼にソニアは頼むが、ブリュノにその気はなく、職業斡旋所に並ぶ列から離れ、なんと子供を金で売ってしまう。それを知って卒倒したソニアは病院に。足がつくのを恐れた買い手のおかげでなんとか子供は取り戻せたものの、意識を戻したソニアは警察にことの次第を話していた。ソニアは相変わらず軽い態度のブリュノに怒りを燃やし、彼を自分の家から追い出す。金に困ったブリュノは、スティーヴと共に盗みを働くが、執拗に警察に追い掛けられ、スティーヴが補導されてしまう。まもなくブリュノは自首。やがて服役中のブリュノのもとに、ソニアが訪ねてきて、ブリュノは思わず嗚咽をあげるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年1月下旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:ある子供

2005年12月下旬号

作品特集 「ある子供」:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督 インタビュー

作品特集 「ある子供」:俳優ジェレミー・レニエの魅力

作品特集 「ある子供」:作品評

2005年10月上旬特別号

特別企画 映画で泣く! 感涙映画館へ、ようこそ:涙のこぼれる新作映画「私の頭の中の消しゴム」「蝉しぐれ」「ある子供」「そして、一粒のひかり」