男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ソウ2

  • そうつー
  • Saw II
  • Saw II

amazon


  • 平均評点

    69.5点(393人)

  • 観たひと

    770

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / パニック
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/10/29
上映時間 100分
製作会社 ライオンズ・ゲート・フィルムズ=ツイステッド・ピクチャーズ
配給 アスミック・エース
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

低予算にもかかわらず斬新なアイデアと奇抜なストーリーが評判を呼び、大ヒットした「ソウ」の続編。出口のない家に監禁された者たちが、“ジグソウ”の仕掛けた凄惨な“ゲーム”に翻弄されてゆく。前作で監督・脚本を担当したジェームズ・ワンとリー・ワネルは製作総指揮に当たり、新たに監督するのは新鋭ダーレン・リン・バウズマン。

あらすじ

自分の息子が警察に捕まり、引き取りに行った刑事エリック・マシューズ(ドニー・ウォルバーグ)。しかし、息子ダニエル(エリック・ナドセン)は不満そうな様子を隠さず、エリックから逃げるように去ってしまう。その夜、エリックは家に帰って眠っているところを、同僚の女刑事ケリー(ダイナ・メイヤー)にたたき起こされる。呼び出された事件現場には、惨殺された死体が転がっていた。その殺し方は、どうもジグソウの仕業のように見える。ケリーは、ジグソウ(トビン・ベル)によって起こされた連続殺人事件を執拗に追ってきた。エリックはなぜ自分が現場に呼ばれたのか分からないが、死体を検分してやっと理解する。その死体は、エリックが使っていた情報屋、マイケルだったのだ。しかも、現場の天井には、「近づいてよく見ろ、刑事」と、書いてあった。夜眠っていたエリックは、犯人のアジトがどこにあるか理解する。よく近づいて見たマイケルの顔を覆う鉄製のマスクには、ヒントが隠されていた。SWAT、ケリーと共にエリックはアジトと思われる場所に急行する。案の定、そこはジグソウのアジトだった。拍子抜けするように簡単に捕まったジグソウの狙いは何なのか? アジトには数台のTVモニターが設置され、新たなるジグソウの囚人たちが新しいゲームに臨んでいる姿が映し出されていた。8人の男女が、出口の無い館に閉じ込められている。ゲーム開始と共に、遅効性の毒ガスが館内をくまなくめぐっていく。2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入りの注射器を手に入れないと、全員が死んでしまう。しかもその8人の男女の中には、なんとダニエルがいたのだった。

関連するキネマ旬報の記事