男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キャプテン・ウルフ

  • きゃぷてんうるふ
  • The Pacifier
  • The Pacifier

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.7点(63人)

  • 観たひと

    124

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/10/29
上映時間 95分
製作会社 バーンバウム・バーバー・プロダクション
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ヴィン・ディーゼル Shane Wolfe
ブリタニー・スノウ Zoe Plummer
マックス・シエリオット Seth Plummer
モーガン・ヨーク Lulu Plummer
ローガン・フーヴァー Peter Plummer
キーガン・フーヴァー Peter Plummer
ボー・ヴィング Tyler Plummer
ルーク・ヴィング Tyler Plummer
ブラッド・ギャレット Vice Principal Murney
Faith Ford Julie Plummer
ローレン・グラハム Principal Claire Fletcher
キャロル・ケイン Helga

解説

ハウスキーパーとして働くことになった軍人と、子供たちの交流を描くハートウォーミング・コメディ。監督は「女神が家にやってきた」のアダム・シャンクマン。脚本は「ハービー/機械じかけのキューピッド」のトーマス・レノン&ロバート・ベン・グラント。撮影は「ミート・ザ・ペアレンツ」のピーター・ジェームズ。音楽は「シン・シティ」のジョン・デブニー。美術は「ブルース・オールマイティ」のリンダ・デシーナ。出演は「リディック」のヴィン・ディーゼル、テレビで活躍中のブリタニー・スノウ、『12人のパパ』(V)のモーガン・ヨーク、「ファインディング・ニモ」などで声優を担当しているブラッド・ギャレット、「バッドサンタ」のローレン・グレアム、「オフィスキラー」のキャロル・ケインほか。

あらすじ

米海軍特殊部隊のエリート軍人、キャプテン・ウルフ(ヴィン・ディーゼル)は、誘拐されたプラマー教授の救出に向かうが、教授は殺害され、ミッションは失敗。2カ月後、屈辱感に苛まれるウルフに新たな任務が下される。それは博士が核発射阻止プログラム”ゴースト“を保管した可能性のあるスイスの銀行にプラマー夫人(フェイス・フォード)が出向いている間、ハウスキーパーになって留守宅を警備せよというもの。しかし夫人の家には、思春期の長女ゾーイ(ブリタニー・スノウ)、愛想のない長男セス(マックス・エリオット)、おませな次女ルル(モーガン・ヨーク)たちという、トラブルメーカーの5人の子供がいた。ウルフは彼らに軍隊調の教育を施そうとするが、猛反発に合う。ベビーシッターのヘルガ(キャロル・ケイン)が逃亡してからは、ウルフが赤ん坊の世話までするハメになった。だが徐々にウルフと子供たちは交流を深めていく。ウルフは、セスに嫌がらせをするマーニー教頭(ブラッド・ギャレット)をレスリングの試合でやっつけたりと、子供たちの信頼を勝ち取っていき、やがて紛れもない父親代わりとなった。そんな時、スイスからプラマー夫人が戻ってくるが、”ゴースト“をめぐって思わぬ敵の襲来に遭う。だが皆で力を合わせ解決。ウルフは家を離れることになるが、セスが出演している『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台を、演出家として鑑賞。その舞台裏で、愛が芽生えていた美人のフレッチャー校長(ローレン・グレアム)とキスするのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年12月下旬号

劇場公開映画批評:キャプテン・ウルフ

日本映画紹介/外国映画紹介:キャプテン・ウルフ