男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私の頭の中の消しゴム

  • わたしのあたまのなかのけしごむ
  • A Moment to Remember
  • A Moment to Remember

amazon


  • 平均評点

    73.6点(387人)

  • 観たひと

    669

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    49

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 韓国
製作年 2004
公開年月日 2005/10/22
上映時間 117分
製作会社 サイダス
配給 ギャガ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演チョン・ウソン チェ・チョルス
ソン・イェジン キム・スジン
ペク・チョンハク ヨンミン
イ・ソンジン アンナ・チョン
パク・サンギュ キム氏
キム・ヒリョン 

解説

若年性アルツハイマー症に冒されたヒロインと、彼女を支えつづける夫の絆を感動的に綴るラブストーリー。出演は「MUSA -武士-」のチョン・ウソンと、「四月の雪」のソン・イェジン。日本のTVドラマ『Pure Soul』を原作にしている。

あらすじ

工事現場で働く無愛想な大工チョルス(チョン・ウソン)と、おっちょこちょいだが純粋な社長令嬢スジン(ソン・イェジン)。住む世界の違う2人が、コンビニでの思わぬハプニングで出会い、まっすぐに恋に落ちる。愛を信じず独りで生きてきたチョルスは、スジンの愛に戸惑いながらも、彼女のピュアな気持ちから、人を愛すること、許すこと、そして信じることを覚えていく。建築家として活動を始める夫と、才能あるファッションデザイナーの妻。夫のお弁当にご飯だけを2つ包んでしまったり、自分の家さえ探せずに道に迷ってしまうような彼女の物忘れさえ、しっかり者の夫には愛おしい。目が眩むほど幸せな、新婚の日々。大したことではないと思っていたスジンの物忘れが深刻になっていったのは、それから間もなくのこと。不安を覚え、医者を訪れたスジンが宣告された言葉は「若年性アルツハイマー」。肉体的な死より、精神的な死が先に訪れる病。この日から、失われていく記憶をつなぎ止めるための2人の闘いが始まる。チョルスは少しでも彼女を支えるため家中に何枚ものメモを貼り巡らせるが、彼女の記憶はどんどんこぼれていく。家族が誰なのか、自分が誰なのかすら分からなくなり、遂にはチョルスの目を見つめ、昔の恋人の名で「愛してる」と微笑むスジン。なす術のない絶望に心を乱されながらも、彼女を見守っていこうというチョルスの気持ちは揺らがない。仕事と看病に追われる日々…。そしてある日、仕事から戻ったチョルスが目にしたのは、スジンのいない空っぽの家と、1通の置き手紙だった。「あなたは今、泣いているでしょう? 愛するチョルス。記憶が残っているこの短い間に、どうしたら私の気持ちを伝えることができるでしょう。私はあなた、チェ・チョルスだけを愛しています。これだけは忘れたくない。忘れちゃいけないのに。私の記憶を奪っていくこの病気が、あなたの記憶だけは残してくれますように。それが叶わないなら、どうか、消えていく記憶の中で最後まで残っているのが、あなたと過ごした日々でありますように」。手紙を読んだチョルスは、ひとつの決意をする。

関連するキネマ旬報の記事

2006年1月上旬新春号

劇場公開映画批評:私の頭の中の消しゴム

2005年臨時増刊 韓キネ!

「私の頭の中の消しゴム」:チョン・ウソン インタビュー

「私の頭の中の消しゴム」:イ・ジェハン インタビュー

2005年10月上旬特別号

特別企画 映画で泣く! 感涙映画館へ、ようこそ:涙のこぼれる新作映画「私の頭の中の消しゴム」「蝉しぐれ」「ある子供」「そして、一粒のひかり」