男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ステルス

  • すてるす
  • Stealth
  • Stealth

amazon


  • 平均評点

    57.7点(185人)

  • 観たひと

    365

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/10/8
上映時間 120分
製作会社 オリジナル・フィルム=フェニックス・ピクチャーズ=ローラ・ジスキン プロダクション
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ジョシュ・ルーカス Lt. Ben Gannon
ジェシカ・ビール Lt. Kara Wade
ジェイミー・フォックス Lt. Henry Purcell
サム・シェパード Capt. George Cummings
ジョー・モートン Capt. Dick Marshfield
リチャード・ロクスバーグ Dr. Keith Orbit

解説

史上最強のステルス戦闘機と精鋭パイロット3人の壮絶なエア・バトルを描いたアクション。監督は「トリプルX」のロブ・コーエン。脚本は「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のW・D・リクター。撮影は「トリプルX」のディーン・セムラー。音楽は「モンスター」のBT。美術は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのJ・マイケル・リーヴァと「トリコロールに燃えて」のジョナサン・リー。編集は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のスティーヴン・リヴキン。衣裳は「氷の接吻」のリジー・ガーディナー。出演は「ハルク」のジョシュ・ルーカス、「ブレイド3」のジェシカ・ビール、「コラテラル」のジェイミー・フォックス、「きみに読む物語」のサム・シェパード、「ペイチェック/消された記憶」のジョー・モートン、「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」のリチャード・ロクスバーグほか。

あらすじ

近未来のアメリカ。海軍が極秘に進めているテロ対策プロジェクトのために、集められたエリートパイロットからトップの3名が選ばれた。ベン・ギャノン大尉(ジョシュ・ルーカス)、カーラ・ウェイド大尉(ジェシカ・ビール)、ヘンリー・パーセル大尉(ジェイミー・フォックス)。最新のステルス戦闘機を操縦する彼らは、3機でのチームワークを高めてきたが、指揮官のジョージ・カミングス大佐(サム・シェパード)から、チームに新たな仲間が加わることを告げられる。それはエディと名付けられた、最新鋭の人工頭脳が操縦する無人ステルス戦闘機。ところが落雷に巻き込まれて頭脳に異常が起こったエディは、タジキスタンで移送中の核弾頭を撃破する任務の際、命令を無視して近くに農村がある地帯へミサイルを投下してしまう。自我に目覚め暴走しはじめたエディを、チームの3機が追跡。しかしヘンリーは操縦を誤って命を落とし、カーラも北朝鮮に不時着してしまう。やがてベンはエディと心を通わせ始めるが、カミングス大佐の陰謀により、ベンは命を狙われ、エディは人工頭脳を初期化されそうになる。それを知ったベンは、エディに乗り込んで爆破させ、北朝鮮からカーラを救出。すべてが一件落着したあとで、ベンはカーラとの愛を確認し合うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年12月上旬号

劇場公開映画批評:ステルス

2005年11月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ステルス

2005年10月下旬号

特集 「ステルス」:ロブ・コーエン監督 インタビュー

特集 「ステルス」:「ステルス戦闘機」のいま

特集 「ステルス」:「人工頭脳」のいま

特集 「ステルス」:「ステルス」に見る映像進化論

特集 「ステルス」:ジョシュ・ルーカス インタビュー

特集 「ステルス」:ジェイミー・フォックス インタビュー

2005年9月上旬号

SPECIAL SELECTION:「ステルス」