男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン

  • がんばれべあーずにゅーしーずん
  • Bad News Bears
  • Bad News Bears

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    63.2点(32人)

  • 観たひと

    53

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2005/9/23
上映時間 113分
製作会社 メディア・タレント・グループ・プロダクション
配給 UIP
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

落ちこぼれぞろいの少年野球チームがリーグ優勝を目指すハートウォーミング・コメディ。1976年作品「がんばれ!ベアーズ」のリメイク。監督・製作は「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・サンセット」のリチャード・リンクレイター。オリジナル脚本は故ビル・ランカスター。脚色は「バッドサンタ」のグレン・フィカーラ&ジョン・レクア。撮影は「スクール・オブ・ロック」のロジェ・ストファーズ。音楽は「デンジャラス・ビューティー」シリーズのエドワード・シェアマー。衣裳は「スクール・オブ・ロック」のカレン・パッチ。出演は「バッドサンタ」「プライド/栄光への絆」のビリー・ボブ・ソーントン、「ふたりにクギづけ」のグレッグ・キニア、「ミスティック・リバー」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、新人のサミー・ケイン・クラフトやジェフリー・デイヴィス、「チャーリーと14人のキッズ」のティミー・ディターズほか。

あらすじ

元メジャーリーガーだが今は害虫駆除で日銭を稼いでいるアル中の男、モリス・バターメイカー(ビリー・ボブ・ソーントン)が、女性弁護士リズ・ホワイトウッド(マーシャ・ゲイ・ハーデン)からの招きで、リーグ最下位の少年野球チーム、ベアーズの新任コーチとしてグラウンドにやってきた。しかし落ちこぼればかりのベアーズの面々は、絶望的な野球の腕前。シーズン開幕戦で、レイ・ブロック(グレッグ・キニア)率いるエリート集団ヤンキースにボロ負けしてしまう。前途多難のベアーズのため、バターメイカーは別れた妻との間に生まれた豪速球投手の娘、アマンダ(サミー・ケイン・クラフト)をチームに誘う。最初は拒否したアマンダだったが、父親の寂しそうな姿に心を動かされ、入団。さらに、野球の才能がある街で有名な不良のケリー(ジェフリー・デイヴィス)もチームに入り、ベアーズの快進撃が始まる。やがて宿敵ヤンキースとの決勝戦に進出。最初は勝利に固執していたバターメイカーだったが、リードで迎えた最終回、彼は今まで目立たなかった選手たちに活躍の機会を与える。その結果、ヤンキースに逆転されてしまい、一点差で優勝は取り逃がすものの、メンバーたちはみんな上機嫌で試合を終えるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年11月上旬号

劇場公開映画批評:がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン

日本映画紹介/外国映画紹介:がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン

2005年10月上旬特別号

キネ旬チョイス 「がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン」:作品評

キネ旬チョイス 「がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン」:ビリー・ボブ・ソーントン インタビュー