男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愛についてのキンゼイ・レポート

  • あいについてのきんぜいれぽーと
  • Kinsey
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.0点(52人)

  • 観たひと

    101

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ ドイツ
製作年 2004
公開年月日 2005/8/27
上映時間 118分
製作会社 N1ヨーロピアン・フィルム・プロダクションズ=アメリカン・ゾーエトロープ=プリティ・ピクチャーズ
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演リーアム・ニーソン Alfred Kinsey
ローラ・リニー Clara McMillen
クリス・オドネル Wardell Pomeroy
ピーター・サースガード Clyde Martin
ティモシー・ハットン Paul Gebhard
ジョン・リスゴー Alfred Seguine Kinsey
ティム・カリー Thurman Rice
オリヴァー・プラット Herman Wells
ディラン・ベイカー Alan Gregg
リン・レッドグレーヴ Final Interview Subject

解説

アメリカ各地で取材したセックスについての赤裸々なレポートを出版し、大反響を巻き起こしたアルフレッド・キンゼイ博士を描いた実話ドラマ。監督・脚本は「ゴッド・アンド・モンスター」、「シカゴ」(脚本のみ)のビル・コンドン。撮影は「コーヒー&シガレッツ」のフレデリック・エルムス。音楽は「アラモ」のカーター・バーウェル。美術は「ゴッド・アンド・モンスター」のリチャード・シャーマン。衣裳は「ゴッド・アンド・モンスター」「オールド・ルーキー」のブルース・フィンレイソン。出演は「バットマン ビギンズ」のリーアム・ニーソン、「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」のローラ・リニー、「バーティカル・リミット」のクリス・オドネル、「ニュースの天才」のピーター・サースガード、「シークレット・ウインドウ」のティモシー・ハットン、「ライフ・イズ・コメディ!/ピーター・セラーズの愛し方」のジョン・リスゴー、「最‘新’絶叫計画」のティム・カリー、「エイプリルの七面鳥」のオリヴァー・プラット、「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」のディラン・ベイカー、「ピーターパン」のリン・レッドグレーヴほか。2004年LA映画批評家協会賞主演男優賞、同年ナショナル・ボード・オブ・レヴュー最優秀助演女優賞など受賞。

あらすじ

1920年、インディアナ大学の助教授になったキンゼイ(リーアム・ニーソン)は、タマバチの研究に没頭していた。そんな彼の講義を熱心に聞いていた女学生クララ(ローラ・リニー)は、キンゼイに声をかけ、2人は急速に親しくなる。やがて彼らは結婚するが、初夜のセックスがうまくいかず、医師に相談。夫婦の危機を乗り越えたキンゼイは、自信をつけ、セックスの問題に悩む学生の相談に乗っているうちに、”結婚講座“を開講する。それが大人気を博し、彼は科学者としてセックスの実態を本格的に調査することを決意。助手のクライド・マーティン(ピーター・サースガード)と共にインタヴューの旅に出る。シカゴの同性愛者に話を聞くことが目的だった彼らだが、同性愛の経験があるマーティンの先導で、彼とキンゼイは宿泊先で関係を持った。それをクララに告白したキンゼイは、クララとマーティンのセックスを許可する事態に。まもなく、ずっと不仲が続いていた父アルフレッド(ジョン・リスゴー)へのインタヴューも行なったキンゼイは、ついに48年、調査結果をまとめた『キンゼイ・レポート』男性版を発売。大ベストセラーとなる。一躍有名人となったキンゼイは、世間の注目の中で続編の女性版を発表するが、今度は大バッシングを浴びた。彼の運命はたちまち暗転するが、クララの信頼だけは揺るがず、キンゼイは愛の大切さを確認するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年10月下旬号

劇場公開映画批評:愛についてのキンゼイ・レポート

2005年10月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:愛についてのキンゼイ・レポート

2005年9月上旬号

特集 「愛についてのキンゼイ・レポート」:リーアム・ニーソン インタビュー

特集 「愛についてのキンゼイ・レポート」:ローラ・リニー インタビュー

特集 「愛についてのキンゼイ・レポート」:ビル・コンドン監督 インタビュー

特集 「愛についてのキンゼイ・レポート」:アメリカ映画に見る愛とSEXの考察レポート

特集 「愛についてのキンゼイ・レポート」:作品評