男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ダンシング・ハバナ

  • だんしんぐはばな
  • Dirty Dancing2: Havana Nights
  • Dirty Dancing2: Havana Nights

amazon


  • 平均評点

    67.0点(32人)

  • 観たひと

    59

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2005/7/9
上映時間 86分
製作会社 ローレンス・ベンダー・プロダクションズ=ア・バンド・アパート
配給 ギャガ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

夏のキューバにやってきたアメリカ人の娘と、ダンスの達人であるキューバ人の青年の恋を描いたラヴ・ストーリー。1987年作品「ダーティ・ダンシング」の続編。監督は「17 セブンティーン」のガイ・ファーランド。製作は「キル・ビル」シリーズのローレンス・ベンダー。脚本は「アップタウン・ガールズ」のボアズ・イェーキン。撮影は「キューティ・ブロンド」のアンソニー・B・リッチモンド。音楽は「サンキュー、ボーイズ」のヘイター・ペレイラ。音楽監修は「アレキサンダー」のバッド・カー。衣裳は「シュレック」シリーズのアイシス・マッセンデン。振付は「Shall we Dance?」のジョアン・ジャンセン。出演は「ターミナル」のディエゴ・ルナ、本作が日本初登場となるロモーラ・ガライ、「デイ・アフター・トゥモロー」のセラ・ウォード、「モナリザ・スマイル」のジョン・スラッタリー、「インソムニア」のジョナサン・ジャクソン、「サンキュー、ボーイズ」のミカ・ブーレム、「ダーティ・ダンシング」「ドニー・ダーコ」のパトリック・スウェイジほか。

あらすじ

1958年。18歳のケイティ(ロモーラ・ガライ)は、父の転勤に伴って家族と共にキューバのハバナへやってきた。だが優等生のケイティは、社交的な妹のスージー(ミカ・ブーレム)と違い、ゴージャスなリゾート・ライフを送るアメリカ人グループにはなじめなかった。そんなある日、ケイティは街角で、キューバ音楽に合わせ地元の人々が踊る光景に目を奪われてしまう。ダンサーの中には、彼女が滞在するホテルでウェイターをするハヴィエル(ディエゴ・ルナ)もいた。彼はケイティを地元のナイトクラブに誘うが、彼女には父の上司の息子ジェームズ(ジョナサン・ジャクソン)とカントリー・クラブのパーティーに出かける約束があった。だがその夜、結局ジェームズを連れてクラブに行ったケイティは、ハヴィエルに誘われるままフロアで踊る。だがハヴィエルは、客であるケイティと親しく付き合ったことでウェイターをクビになってしまった。ハヴィエルの夢が家族と共にアメリカへ移住することだと知ったケイティは、優勝賞金5千ドルのダンス・コンテスト出場の話を彼に持ち掛ける。パートナーとして、猛特訓を開始する2人。彼らの絆はやがて恋に変わっていく。そして大会の予選。見事な踊りを見せたハヴィエルとケイティは、決勝の3組に残る。だが決勝戦の最中、政治活動家であるハヴィエルの兄カルロス(レネ・ラヴァン)が騒ぎを起こし、大会は中断。ちょうどその時、カストロ革命軍が勝利を収め、キューバ革命が成立した。そのことでアメリカに行く理由がなくなったハヴィエルは、ケイティに別れを告げ、皆で最後の夜のダンスを楽しむのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年9月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ダンシング・ハバナ

2005年7月下旬号

Kinejun front:2 キューバの新しい歌「ダンシング・ハバナ」