男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マラソン(2005)

  • まらそん
  • Marathon
  • Marathon

amazon


  • 平均評点

    70.4点(42人)

  • 観たひと

    70

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 韓国
製作年 2005
公開年月日 2005/7/2
上映時間 117分
製作会社 シネ・ライン・ツー
配給 シネカノン、松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演チョ・スンウ Yun Cho-won
キム・ミスク Cho-won's mum
イ・ギヨン Jung-wook
ペク・ソンヒョン Yun Jung-won
アン・ネサン Cho-won's dad

解説

自閉症の障害を持つ少年が、母親の愛を受けながらマラソン大会に挑戦する様を描いた感動作。監督・共同脚本はこれが長編デビューとなるチョン・ユンチョル。撮影は「密愛」のクォン・ヒョクジュン。音楽はこれが長編劇映画デビューとなるキム・ジュンソン。美術は「密愛」「彼女を信じないでください」のイ・グナ。出演は「ラブストーリー」のチョ・スンウ、テレビドラマで活躍するキム・ミスク、ペク・ソンヒョン、「甘い人生」のイ・ギヨン、「オアシス」のアン・ネサンほか。

あらすじ

シマウマとチョコパイが大好きな19歳のチョウォン(チョ・スンウ)は、幼少期から自閉症の障害を抱えていた。母のキョンスク(キム・ミスク)はチョウォンの世話に全精力を傾けるあまり、夫(アン・ネサン)や次男チュンウォン(ペク・ソンヒョン)のことを顧みなくなり、いつしか夫は自宅に戻らなくなっていた。そんな日々の中で、キョンスクは、走っている時のチョウォンが楽しそうなことに気づく。やがてハーフマラソンで3位入賞したチョウォンは、フルマラソン大会への挑戦を目標にするようになる。キョンスクは、ちょうどチョウォンの通う育英学校に飲酒運転の罰として社会奉仕にやってきた、かつてボストンマラソンで優勝した経歴を持つソン・チョンウク(イ・ギヨン)を、息子のコーチとして雇う。最初は酒びたりでやる気のないチョンウクだったが、やがてチョウォンの実直さに心を打たれ、自身もマラソンへの情熱を蘇らせる。だが息子と親密になっていくチョンウクに、キョンスクは逆に不信を募らせ、口論となる。また弟チュンウォンが警察に補導される事件が発生。さらに地下鉄構内で何気なく若い女性の尻を触ってしまったチョウォンが、痴漢として大騒動を巻き起こす事件も。キョンスクは倒れこんで胃腸穿孔の手術を受ける。彼女は自分のエゴですべてを進めてきたことに自責の念を抱くが、チュンチョン国際マラソンの開催日が近づくと、チョウォンは自ら出場したいと意思を示した。そしてみごと完走し、ゴールで母親に抱きつく。そして4人家族の幸せな生活が戻ってくるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年8月下旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:マラソン

2005年8月上旬号

劇場公開映画批評:マラソン

2005年7月下旬号

特集 「マラソン」:作品評

特集 「マラソン」:チョン・ユンチョル監督 インタビュー

特集 「マラソン」:解き放たれつつある韓国映画と観客の意識