男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

フレンチなしあわせのみつけ方

  • ふれんちなしあわせのみつけかた
  • Ils se Mari'erent et Eurent Beaucoup d'enfants
  • ...And They Lived Happily ever After

amazon


  • 平均評点

    65.7点(21人)

  • 観たひと

    51

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス
製作年 2004
公開年月日 2005/4/2
上映時間 104分
製作会社 パセ・レン・プロダクションズ=ハーシュ=TF1フィルムズ・プロダクションズ
配給 ギャガ、アニープラネット
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

他の異性に心が揺れ動く夫婦の微妙な関係を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本・主演は「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」のイヴァン・アタル。製作・出演は監督としても知られ、「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」の製作や、「スタン・ザ・フラッシャー」の出演のクロード・ベリ。共演は「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」「21グラム」のシャルロット・ゲンズブール、「ミッション・クレオパトラ」のアラン・シャバ、「ナインスゲート」のエマニュエル・セニエ、「老人と子供」のアラン・コーエン、「男と女、嘘つきな関係」のアヌーク・エーメ、「ボン・ヴォヤージュ」のオーロール・クレマン、「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」「五線譜のラブレター」のキース・アレンほか。ジョニー・デップがカメオ出演。

あらすじ

パリの自動車販売会社に勤めるヴァンサン(イヴァン・アタル)は、不動産会社で働く妻のガブリエル(シャルロット・ゲンズブール)と、小学生の一人息子と共に暮らしている。ヴァンサンの友人でホテルに勤めるジョルジュ(アラン・シャバ)と妻ナタリー(エマニュエル・セニエ)は、いつも夫婦喧嘩が絶えない。もう一人の友人フレッド(アラン・コーエン)は独身で、女性にモテモテ。ヴァンサンとジョルジュはフレッドをうらやんでいるが、フレッドは孤独よりも妻がいる方がいいと反論している。平穏だが満ち足りているわけではないガブリエルは、ある日、レコード店でCDを試聴していた時、隣で同じ曲を聴いていた男性(ジョニー・デップ)のことが気になり、少し後を追ってしまう。そんな中、ヴァンサンはいつの間にか、エステティシャンの愛人(アンジー・デイヴィッド)を作っていた。ガブリエルは夫の浮気に薄々気づいていたが、問いただそうとはしない。彼女は息子を連れてリゾート地へバカンスに行く。そこでプレイボーイ風の男(キース・アレン)に出会うが、会話はしても仲を進展させることはしなかった。ある日、ガブリエルが女友達とレストランで食事していると、偶然隣の席にヴァンサンの愛人が、母親(オーロール・クレマン)と食事に来ていた。愛人は、ガブリエルがヴァンサンの妻であることに気づく。それ以来、ヴァンサンと愛人の仲はこじれてしまう。まもなくフレッドが、恋人の一人が妊娠したことで結婚を決意。喧嘩していたジョルジュとナタリーの夫妻も仲直りした。一方、ガブリエルは、自分の会社に物件を探しにきた客として、あのレコード店で逢った男性に再会。共にエレベーターに乗りながら、幻想の中で彼とキスするのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年6月上旬特別号

劇場公開映画批評:フレンチなしあわせのみつけ方

2005年5月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:フレンチなしあわせのみつけ方