男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方

  • らいふいずこめでぃぴーたーせらーずのあいしかた
  • The Life and Death of Peter Sellers
  • The Life and Death of Peter Sellers

amazon


  • 平均評点

    66.1点(39人)

  • 観たひと

    76

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2004
公開年月日 2005/1/29
上映時間 125分
製作会社
配給 東芝エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

天才コメディ俳優、ピーター・セラーズの半生を描いた実話ドラマ。監督は「アンダー・サスピション」のスティーヴン・ホプキンス。脚本はこれが初の長編映画となるクリストファー・マーカス&スティーヴン・マクフィーリー。出演は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のジェフリー・ラッシュ、「トリコロールに燃えて」のシャーリーズ・セロン、「シビル・アクション」のジョン・リスゴー、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のミリアム・マーゴリーズ、「サンダーパンツ!」のスティーヴン・フライ、「ターミナル」のスタンリー・トゥッチ、「パンチドランク・ラブ」のエミリー・ワトソンほか。

あらすじ

1950年代初頭のロンドン。BBCラジオでスターになっていた役者のピーター・セラーズ(ジェフリー・ラッシュ)は映画界への進出を考えているが、オーディションに中々受からない。私生活では妻アン(エミリー・ワトソン)と2人の子供、父(ピーター・ヴォーン)と、ピーターを溺愛する母ペグ(ミリアム・マーゴリーズ)でささやかに暮らしていたが、ある時、ピーターは老人に扮装して映画の役をつかむ。以降、イタリアの女優ソフィア・ローレン(ソニア・アキーノ)の相手役に選ばれたりなど、映画俳優として成功するが、徐々に家庭人として破綻。アンは子供たちと一緒に彼のもとを去っていく。ピーターは若い女と車に溺れる乱れた生活を送りつつ、気鋭の監督ブレイク・エドワーズ(ジョン・リスゴー)の映画「ピンクの豹」の助演、クルーゾー警部役で、ついにアメリカでも大当たりする。続いてスタンリー・キューブリック監督(スタンリー・トゥッチ)の「博士の異常な愛情」の演技で、初めてアカデミー賞にノミネート。そしてスウェーデンの美人女優、ブリット・エクランド(シャーリーズ・セロン)と電撃結婚するが、新婚旅行中に激しい発作に見舞われる。やがて最愛の母ペグが亡くなり、ブリットとも破局。心臓に不安を抱えながら孤独な生活を送るピーターだったが、ついに念願の企画だった映画「チャンス」に主演。再びアカデミー賞にノミネートされ、1980年、54歳で死去するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年3月下旬号

劇場公開映画批評:ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方

2005年3月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方