男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ネバーランド

  • ねばーらんど
  • Finding Neverland
  • Finding Neverland

amazon


  • 平均評点

    73.0点(412人)

  • 観たひと

    881

  • 観たいひと

    87

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2004
公開年月日 2005/1/15
上映時間 100分
製作会社 フィルム・コロニー
配給 東芝エンタテインメント
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ジョニー・デップ Sir James Matthew Barrie
ケイト・ウィンスレット Sylvia Llewelyn Davis
ジュリー・クリスティ Mrs. Emma du Maurier
ラダ・ミッチェル Mary Ansell Barrie
ダスティン・ホフマン Charles Frohman
フレディ・ハイモア Peter Llewelyn Davies
ジョー・プロスペロ Jack Llewelyn Davies
ニック・ラウド George Llewelyn Davies
ルーク・スピル Michael Llewelyn Davies
イアン・ハート Sir Arthur Conan Doyle
ケリー・マクドナルド Peter Pan
アイリーン・エッセル Mrs. Snow
ジミー・ガードナー Mr. Snow
オリヴァー・フォックス Gilbert Cannan
アンガス・バーネット Nana/Mr. Reilly
ケイト・メイバリー Wendy
ローラ・ドゥグッド Theater Patron1

解説

『ピーター・パン』の物語を書いた劇作家ジェームズ・バリと、ピーターという名の少年の交流を描いた感動作。監督は「チョコレート」のマーク・フォースター。脚本はこれがデビューとなるデイヴィッド・マギー。原作はアラン・ニーの戯曲『The Man Who Was Peter Pan(ピーター・パンだった男)』。撮影は「チョコレー ト」のロベルト・シェイファー。音楽は「運命の女」のヤン・A・P・カチュマレク。美術は「キリング・ミー・ソフトリー」のジェマ・ジャクソン。衣裳は「コレリ大尉のマンドリン」のアレクサンドラ・バーン。出演は「シークレット・ウインドウ」のジョニー・デップ、「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」のケイト・ウィンスレット、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のジュリー・クリスティ、「マイ・ボディガード」のラダ・ミッチェル、「ニューオーリンズ・トライアル」のダスティン・ホフマン、「トゥー・ブラザーズ」のフレディ・ハイモア、「インティマシー/親密」のジョー・プロスペロ、これがデビューとなるニック・ラウドとルーク・スピル、「ハリー・ポッターと賢者の石」のイアン・ハート、「ゴスフォード・パーク」のケリー・マクドナルドほか。2004年ナショナル・ボード・オブ・レヴュー最優秀作品賞ほか受賞。

あらすじ

1903年のロンドン。劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、新作『リトル・メアリー』の評判が悪く、失意のまま近所の公園へ散歩に出掛けた。そこで彼は、デイヴィズ一家と運命の出会いを果たす。母のシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)に連れられた4人兄弟のうち、長男のジョージ(ニック・ラウド)、次男のジャック(ジョー・プロスペロ)、末っ子のマイケル(ルーク・スピル)は無邪気に騎士ごっこに興じていたが、繊細な三男のピーター(フレディ・ハイモア)は遊びの輪から外れていた。ジェームズは一家と仲良くなり、再会を約束。それを知った彼の妻メアリー(ラダ・ミッチェル)は、シルヴィアの母が社交界の名士であるデュ・モーリエ夫人(ジュリー・クリスティ)であることから、デイヴィズ一家を夕食会に招待した。しかしジェームズはシルヴィア親子と仲良くなるばかりで、メアリーは嫉妬。夫婦仲が険悪になっていく一方、ジェームズはいつしかピーターに、幼い頃の自分を重ねるようになっていた。そんな彼の思いは、新作『ピーター・パン』の誕生へと結実する。だがやがて、シルヴィアが不治の病を患ってしまう。『ピーター・パン』の公演は大成功となるが、そのことでジェームズはメアリーに別れを告げられる。ジェームズは、シルヴィアの自宅で『ピーター・パン』を上演。そして彼女の死去後、ジェームズは子供たちの後見人になるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年3月上旬号

劇場公開映画批評:ネバーランド

日本映画紹介/外国映画紹介:ネバーランド

2005年1月下旬号

特集 「ネバーランド」:ジョニー・デップ ロングインタビュー

特集 「ネバーランド」:ケイト・ウィンスレット インタビュー

特集 「ネバーランド」:マーク・フォースター監督 インタビュー

特集 「ネバーランド」:ジェームズ・M・パリについて

特集 「ネバーランド」:作品評