男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

戦場の夏休み 小学2年生の見たイラク魂

  • せんじょうのなつやすみしょうがくにねんせいからみたいらくだましい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    1

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー /
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/3/13
上映時間 75分
製作会社 自主
配給 アップリンク
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督吉岡逸夫 
撮影吉岡詠美子 
吉岡逸夫 
編集多田徳生 
その他吉岡風美 

キャスト

解説

2003年夏、前作「笑うイラク魂―民の声を聞け―」の中でインタビューした人々に会う為に、家族連れで再びイラクへ旅立ったジャーナリスト・吉岡逸夫が現地の様子を取材した長篇ドキュメンタリー。撮影を吉岡監督と監督の妻・詠美子が担当している。

あらすじ

2003年7月。ジャーナリストの吉岡逸夫は、開戦直前に撮影した前作「笑うイラク魂―民の声を聞け―」の中でインタビューした人々に会う為に、再びイラクへ旅立った。しかも、今回は妻・詠美子と小学2年生の娘・風美との夏休みの家族旅行を兼ねて。果たして、被災地バグダッドとバスラに赴いた吉岡一家は、そこでインタビューした人たち10人に再会することが出来た。だが、その殆どは戦前のフセイン賛美を翻していた。彼らは一様に、戦前はフセイン大統領を批判することなど出来なかったと言った。旅の中で、風美も逞しく成長した。彼女は、訪れた孤児院で国境や言葉の壁を越えて子供たちと交流し、それまで食べられなかった現地の食事も口にすることが出来るようになったのだ。旅を終えて、吉岡は語る。「誰かが何かしてくれる。欧米の命令を待っているだけ。それが今の日本の外交、援助、報道の姿勢。危機の中で、どう対処し、生き残るかは、現地でしか養えない。2003年夏のイラクなら十分家族旅行できると判断した。それを実証したかった」と。

関連するキネマ旬報の記事

2004年11月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:戦場の夏休み