男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イノセンス

  • いのせんす
  • INNOCENCE
  • INNOCENCE

amazon


  • 平均評点

    72.7点(278人)

  • 観たひと

    583

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル アニメーション / SF
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/3/6
上映時間 99分
製作会社 プロダクションI ・G=徳間書店=日本テレビ=電通=ディズニー=東宝=三菱商事
配給 東宝映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督押井守 
演出西久保利彦 
楠美直子 
脚本押井守 
原作士郎正宗 
プロデューサー石川光久 
鈴木敏夫 
キャラクター・デザイン沖浦啓之 
作画監督黄瀬和哉 
西尾鉄也 
美術平田秀一 
音楽川井憲次 

キャスト

出演大塚明夫 バトー
田中敦子 草薙素子
山寺宏一 トグサ
大木民夫 荒巻
仲野裕 イシカワ
榊原良子 ハラウェイ
武藤純美 謎の少女
竹中直人 キム

解説

近未来の日本を舞台に、かつての仲間で想いを寄せていた女性の記憶を秘めているサイボーグの刑事が、人間と機械の関係性に自問自答し、葛藤しながら、ある真相に迫っていく様を哲学的に描いたSFアニメ。「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の押井守、制作スタジオ・プロダクションI.Gが再び放つジャパ二メーション。

あらすじ

舞台は、人々が電脳化され、声を出さずとも、コンピューター端末を打たなくとも、ネットワークを通じたデジタルコミュニケーションが可能になる一方、肉体の機械化も進み、人とサイボーグ(機械化人間)、ロボット(人形)が共存する、2032年の日本。魂が希薄になった時代である。主人公は、続発するテロ犯罪を取り締まる政府直属の機関・公安九課の刑事バトー(大塚明夫)。彼はサイボーグで、腕も脚も、その体のすべてが造り物。残されているのはわずかな脳と、一人の女性、“素子(もとこ)”の記憶だけ。ある日、少女型の愛玩用ロボットが暴走を起こし、所有者を惨殺する事件が発生。「人間のために作られたはずのロボットがなぜ、人間を襲ったのか」。さっそくバトーは、相棒のトグサ(山寺宏一)と共に捜査に向かう。電脳ネットワークを駆使して、自分の「脳」を攻撃する“謎のハッカー”の妨害に苦しみながら、バトーは事件の真相に近づいていく。破壊されて何も語らないアンドロイド、人間の姿をしたロボットの女性、禍々しき祭礼の中で人間に焼かれる人形たち、自ら死体となって、人間であることを超越したと自惚れる男。バトーは、捜査の過程で様々な、人形(サイボーグ)たちと出会い、<人形>に托された<人類>の想いを繰り返し自問自答することになる。「人間はなぜ、自分の似姿(=人形)を造ろうとするのか」。古来より人は、人の形を模した<人形>を造り続けてきた。「人はなぜ、人形を必要としているのか」。身体のほとんどが機械と化したバトーは、いわば、人間と人形の狭間を生きる存在。そんな彼にとってその謎を解く手がかりは、自らが飼っているバセット犬と、素子への一途な想いだけだった。それはバト-が人間として生きている証でもある。そしてその想いこそが、事件の驚愕の真実を明らかにする。

関連するキネマ旬報の記事

2004年4月下旬号

劇場公開映画批評:イノセンス

2004年3月下旬号

特集 「イノセンス」:押井守監督 ロングインタビュー

特集 「イノセンス」:種田陽平(プロダクションデザイナー) インタビュー

特集 「イノセンス」:作品評

2000年11月上旬特別号

新作紹介:セクシュアル・イノセンス