男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

かまち

  • かまち
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    63.1点(8人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2003
公開年月日 2004/2/28
上映時間 115分
製作会社 「かまち」製作委員会(日本ヘラルド映画=プログレッシブ ピクチャーズ=IMAGICA=アドネス=ポニーキャニオン=産業経済新聞社)(制作 プログレッシブ ピクチャーズ=ドリームワン)
配給 日本ヘラルド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 DTS
上映フォーマット HD

スタッフ

監督望月六郎 
脚色渡辺千明 
原作山田千鶴子 
エグゼクティブプロデューサー坂上直行 
石井英範 
高野力 
瀬端文雄 
武政克彦 
粂雅人 
企画佐藤ヒデアキ 
プロデューサー小澤俊晴 
石井一民 
撮影今泉尚亮 
美術尾関龍生 
音楽遠藤浩二 
音楽プロデューサーヘンリー石井 
主題歌BONNIE PINK 
Lead 
録音北村峰晴 
整音堀内戦治 
音響効果ena 
山田稔 
高梨絵美 
高木英江 
野口亜希子 
森川永子 
照明白石成一 
編集矢船陽介 
衣裳岡田敦之 
映像さとうまなぶ 
アシスタントプロデューサー姉川佳弘 
制作担当梶川信幸 
助監督五十嵐昭徳 
スクリプター甲斐哲子 
スチール伊藤尚 
武田貞之 
VFXプログレッシブ ピクチャーズ 
メディアスタジオ 
imgl 
アトリエ・フロック 
アテンション 
VFXアートディレクター宮下和代 
VFXテクニカルディレクター久保健 
VFXスーパーバイザー浅田伸 
VFXプロデューサー匹田岳人 
稲蔭正彦 
技術監督大橋豊 
音楽協力杉山元治郎 

キャスト

出演谷内伸也 山田かまち
檀ふみ 菅野洋子
姫野史子 16歳の菅野洋子
大沢あかね 木下みゆき
古屋敬多 佐山勇一
中土居宏宜 飯島俊
鍵本輝 氷室浩介
崎本大海 16歳の飯島隆
其田健太郎 倉本彰一
風吹ジュン 山田千鶴子
奥田瑛二 山田秀一
石原良純 飯島隆
清水昭博 村瀬先生
山村美智 角田治子
北見敏之 白石院長
田口トモロヲ 小森先生
金谷亜未子 本橋かおる
ほしのせんか 福山里美
篠原さとし 水島賢
岡崎礼 チーマー
小林且弥 チーマー
奈良坂篤 警官
北島京子 洋子の母
高山千草 老女
黒石えりか 内村まき子
三林更子 遠山佳子
高橋恵 中条さと子
工藤幾未 篠田智史
松田祥一 馬場一志
今福俊介 沢田康裕
太田和渡 相田健太郎
折田敦 斉藤多一
風間由次郎 今野克己
山崎明日菜 堀井和美
村上幸平 青木洋介
原田頌 桜木宏明
谷口響子 今西芽衣
佐々木由貴 曽我真由美
長尾麻未 菅原瑞江
木島夏樹 男子中学生
倉貫まりこ 女子中学生
白井優子 パソコン打つ若者
松村納つ子 パソコン打つ若者
中里恵 パソコン打つ若者
福本貴之 パソコン打つ若者
小林鷹馬 山田たいき
佐野日名子 山田なつこ
松山ケンイチ パチンコ屋の男

解説

1000枚を越える絵と沢山の詩を遺して夭折したカリスマ的人気を誇る高校生・山田かまちの半生と、彼のメッセージを現代に伝える青春ドラマ。監督は「Jam Films/Pandora―Hong Kong Leg―」の望月六郎。かまちの母堂・山田千鶴子による『かまちの海』を基に、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTァ廚療亙媽虧世・喊А・1討髻屮Ε・縫鵐亜Ε僖后¶inning Pass」の今泉尚亮が担当している。主演は「棒たおし!」の谷内伸也。HD作品。2004年2月28日より、群馬県・109シネマズ高崎にて先行公開。

あらすじ

70年代半ばの群馬県高崎市。「1日24時間じゃ足りない」が口癖の山田かまちは、絵に詩に音楽に熱中するエネルギッシュな中学生。夢は、ワールド・トップ・ミュージシャンになることだ。だが、77年8月10日。浪人生活を経て高校生になった彼は、エレキギターの練習中に感電死し、17年と言う短い生涯を閉じてしまう。それから26年後、日本には明日に希望を持てず容易に死を選ぼうとする若者が急増していた。浪人時代、かまちから一途な愛を受けていた塾講師・菅野洋子の生徒、みゆきと勇一もそんな若者だ。ある日、同じく浪人時代にかまちと親交のあった飯島隆の息子で引きこもりの俊が開設する自殺系サイト“ハーメルンの笛吹き旅団”の常連訪問者でもある彼らが、次々にドラッグに手を出し騒動を起こした。ふたりを助けようと奔走する洋子。その時、彼女はずっと胸の奥にしまい込んでいた、かまちが彼女に遺した言葉を想い出す。「生きることを生きろ!」 今、彼女はかまちのメッセージを伝えるべく、ふたりに対峙することを決意する。

関連するキネマ旬報の記事

2004年11月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:かまち