男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シルヴィア

  • しるびあ
  • Sylvia
  • Sylvia

amazon


  • 平均評点

    58.5点(15人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/12/25
上映時間 110分
製作会社 ルビー・フィルムズ
配給 ザナドゥー=エレファント・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

実在のアメリカの女性作家シルヴィア・プラスと、夫の詩人テッド・ヒューズの愛の行方を描いたドラマ。監督は新鋭のクリスティン・ジェフズ。脚本はこれが映画デビューとなるジョン・ブラウンロウ。音楽は「コールド マウンテン」のガブリエル・ヤレド。美術は「めぐりあう時間たち」のマリア・ジャーコヴィク。編集は「センターステージ」のタリク・アンウォー。衣裳は「エデンより彼方に」のサンディ・パウウェル。出演は「スカイキャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー」のグウィネス・パルトロウ、「ロード・トゥ・パーディション」のダニエル・クレイグ、「Mr.ディーズ」のジャレッド・ハリス、「スカイ・キャプテン/ワールド・オブ・ト ゥモロー」のマイケル・ガンボン、「ミート・ザ・ペアレンツ」のブライス・ダナー、「アデュー、ぼくたちの入江」のアミラ・カサール、「オスカー・ワイルド」のアンドリュー・ハヴィルほか。

あらすじ

1956年。フルブライトの奨学生としてケンブリッジ大学に入学したアメリカ人のシルヴィア・プラス(グウィネス・パルトロウ)は、イギリス人大学院生テッド・ヒューズ(ダニエル・クレイグ)の詩に惹かれ、パーティーの席で自分から彼に接近する。運命的な出会いを果たした2人は、4カ月後に結婚。やがてテッドの詩がニューヨークの賞を受賞。夫婦はアメリカに向かい、シルヴィアは母校の女子大学スミス・カレッジで英語を教え始める。しかし彼女は仕事に疲れて執筆の時間が取れず、テッドと女子学生との浮気を疑い出すようになる。夫婦はロンドンに戻り、シルヴィアは女児フリーダを出産。テッドは文学界で名を挙げ始めた。まもなくデヴォンへ引っ越すことにするが、ロンドンのアパートの借り手を捜すうちに、デイヴィッド(アンドリュー・ハヴィル)とアッシア(アミラ・カサール)というカップルと知り合う。テッドとシルヴィアには2人目の子供が産まれたが、やがてテッドとアッシアは関係を持ってしまった。シルヴィアは子供たちとロンドンへ戻り、精神状態を著しく悪化させていく。1963年。ある夜、シルヴィアはテッドと会って、関係の修復を申し出るが、テッドはアッシアが妊娠したことを告げた。そしてシルヴィアは自宅のガス・オーブンに頭を置いて自殺を図り、30年の短い生涯を閉じるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年2月下旬決算特別号

日本映画紹介:シルヴィア

2005年2月上旬号

劇場公開映画批評:シルヴィア