男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コラテラル

  • こらてらる
  • Collateral
  • Collateral

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    69.7点(626人)

  • 観たひと

    1152

  • 観たいひと

    56

  • レビューの数

    64

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2004/10/30
上映時間 120分
製作会社 パークス・マクドナルド・プロダクション=エッジ・シティ
配給 UIP
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

冷徹なプロの殺し屋と、彼に巻き込まれたタクシー運転手が共に過ごす一夜を描いたサスペンス・アクション。監督・製作は「アリ」のマイケル・マン。脚本はオーストラリア映画『ジョーイ』(未)のスチュアート・ビーティー。撮影は「イン・ザ・カット」のディオン・ビーブと、「ソードフィッシュ」のポール・キャメロン。音楽は「ヴィレッジ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。出演は「ラスト サムライ」のトム・クルーズ、「アリ」のジェイミー・フォックス、「アリ」や「マトリックス」シリーズのジェイダ・ピンケット=スミス、「イン・ザ・カット」のマーク・ラファロほか。

あらすじ

マックス(ジェイミー・フォックス)は、ロサンゼルスのタクシー運転手として、ごく平凡な日々を送ってきた。だが今夜、アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性検事を客に乗せ、心のふれあいを感じたところから、彼の運命は変化し始める。次にマックスのタクシーを拾ったのは、ヴィンセント(トム・クルーズ)というプロの殺し屋。彼は麻薬取引に関わる組織からの依頼で、今夜5人の証人を殺害する任務を授かっていた。ヴィンセントに脅されて、一晩のドライバー役となるマックス。やがて麻薬捜査官のファニング(マーク・ラファロ)が捜査に動き出す。ヴィンセントは計画を一つずつ冷徹に完了させていくが、マックスは次第に、彼に抵抗を示す勇気を手にしていく。ヴィンセントの大事な殺人の指令書を、ハイウェイに投げ捨てるマックス。あわてるヴィンセントだったが、マックスをコントロールし、再び殺害者のデータを手に入れる。そしてとあるクラブ内で、ファニングはあと一歩のところまでヴィンセントを追い詰めるが、結局彼の銃の犠牲になってしまった。いよいよ最後の標的のもとへ向かうヴィンセント。それはあの女性検事アニーだった。マックスは携帯電話でアニーに危険を知らせ、2人でヴィンセントから逃げる。まもなく電車の中で撃ち合いとなるが、マックスの銃弾がヴィンセントの体を撃ち抜く。そしてヴィンセントは席に座って、静かに息絶えるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年12月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:コラテラル

2004年12月上旬号

劇場公開映画批評:コラテラル

2004年11月上旬特別号

特集 「コラテラル」:トム・クルーズ インタビュー

特集 「コラテラル」:ジェイミー・フォックス インタビュー

特集 「コラテラル」:ジェイダ・ピンケット=スミス インタビュー

特集 「コラテラル」:マイケル・マン監督 インタビュー

特集 「コラテラル」:トム・クルーズの軌跡

特集 「コラテラル」:マイケル・マン監督の軌跡

特集 「コラテラル」:作品評