男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エイプリルの七面鳥

  • えいぷりるのしちめんちょう
  • Pieces of April
  • Pieces of April

amazon


  • 平均評点

    74.2点(42人)

  • 観たひと

    74

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/10/30
上映時間 80分
製作会社 インディジェント・プロダクション
配給 ギャガ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

娘と母の和解を軸に、家族の再生を描いた心暖まる感動ドラマ。監督は、「ギルバート・グレイプ」「アバウト・ア・ボーイ」の脚本家として知られるピーター・ヘッジズ。NYのリアルなストリート感覚をスパイスに、生と死をまっすぐにみつめながらも、ユーモアを忘れないあたたかい作品を作り上げた。主演は「鬼教師ミセス・ティングル」の若手女優ケイティ・ホームズ。母役のパトリシア・クラークソンはアカデミー助演女優賞ノミネートほか、様々な映画賞で受賞した。

あらすじ

アメリカ中のキッチンで、七面鳥が主役になる感謝祭の日。ニューヨークで恋人のボビー(デレク・ルーク)と暮らすエイプリル(ケイティ・ホームズ)は、生まれて初めての料理と格闘していた。郊外に住むもう何年も会っていない家族をディナーに招待したのだ。仲の悪い母親が、ガンのために余命わずかと知ったエイプリルは、人生最大の勇気を振り絞って母の好きな七面鳥のローストを作ろうと決意する。ボビーが、「今日のために用事がある」とどこかへ出かけ、エイプリルが手作りのネームカードを用意している頃、父ジム・バーンズ(オリバー・プラット)が運転する車は、母ジョーイ(パトリシア・クラークソン)と妹のベス(アリソン・ピル)、弟のティミー(ジョン・ギャラガー・ジュニア)と祖母のドッティ(アリス・ドゥルモンド)を乗せて、ニューヨークへ向かっていた。ジムは、家族全員がそろう最後の晩餐を、絶対いい思い出にすると意気込んでいるが、ジョーイは投げやりな態度、ベスはすぐにでも引き返したい思いを抑えるのがやっと、ドッティにいたっては家族の名前さえ思い出せない。ティミーは深刻さから逃れるようにふざけながら、得意のカメラでみんなを撮る。彼はジョーイの“人生の記録係”なのだ。エイプリルは“ママ”と書いたカードを破り、“ジョーイ”と書き直していた。七面鳥をオーブンに入れようとしたまさにその時、エイプリルは一大事に気づく。予熱したはずのオーブンが冷たいままだ。管理人は留守、修理の電話もつながらない。エイプリルはアパート中のドアを叩き、やっと招き入れてもらう。母の病気の話にもらい泣きしたイベット(リリアス・ホワイト)が、「料理を手伝うからオーブンを貸してくれる人を探しなさい」と言ってくれる。エイプリルは再びアパート中を駆け回る。果たして、オーブンは見つかるのか? その頃ボビーは、友達の経営する服屋で困っていた。スーツを貸してもらう約束が、趣味の悪い古着しかないのだ。一方エイプリルは、ついにオーブンを見つけた! しかし、最新式のオーブンの持ち主ウェイン(ショーン・ヘイズ)は極めつきの変わり者。途中で焼け具合を見ろという彼の忠告を聞き流したエイプリルに怒って、部屋に入れてくれない。しかも何とか取りもどした七面鳥は、まだ半ナマだった…。バーンズ家の車の中でも事件が勃発。ジョーイとエイプリルの“唯一の美しい思い出”が、ジョーイの勘違いで実はベスだったと発覚。「うんざりよ! ガンもあの子のせいよ」と吐き捨てて、ヒッチハイクで帰ろうとするジョーイ。ナマ焼けの七面鳥の皿の前で、途方に暮れるエイプリル。助手席のジョーイの頬に触れ、眠っているだけだと知って安堵の涙を流すジム。母親に叱られる少女に、幼い頃のエイプリルを重ねるジョーイ。彼らの感謝祭は、いったいどうなってしまうのか。

関連するキネマ旬報の記事

2005年1月上旬新春号

劇場公開映画批評:エイプリルの七面鳥