男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

CODE46

  • こーどふぉーてぃしっくす
  • Code 46
  • Code 46

amazon


  • 平均評点

    59.7点(57人)

  • 観たひと

    118

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル SF / ラブロマンス
製作国 イギリス
製作年 2003
公開年月日 2004/9/11
上映時間 93分
製作会社 BBC=レヴォリューション・フィルムズ
配給 ギャガ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

管理社会となった近未来で男女の違法となる恋愛を描いたSFラヴ・ストーリー。監督は「イン・ディス・ワールド」のマイケル・ウィンターボトム。脚本は「24アワー・パーティ・ピープル」のフランク・コトレル・ボイス。撮影は「モーヴァン」のアルウィン・カックラー、「イン・ディス・ワールド」のマルセル・ザイスキンド。音楽は「オーシャンズ11」のデイヴィッド・ホルムズが、スティーヴン・ヒルトンと結成したザ・フリー・アソシエーション。美術は「24アワー・パーティ・ピープル」のマーク・ティルデスリー。編集は「イン・ディス・ワールド」のピーター・クリステリス。衣裳は「24アワー・パーティ・ピープル」のナタリー・ウォード。出演は「モーヴァン」「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」のサマンサ・モートン、「ミスティック・リバー」のティム・ロビンス、「ぼくの国、パパの国」のオム・プリ、「恋ごころ」のジャンヌ・バリバールほか。

あらすじ

環境破壊の進む近未来。徹底した管理社会となった世界は、様々な安全が保証される都市部と、果てしない砂漠が続く無法地帯を厳格に区別している。上海で、パペルと呼ばれる滞在許可証を審査・発行するスフィンクス社に勤めるマリア・ゴンザレス(サマンサ・モートン)は、26回目の誕生日を迎えようとしていた。その頃、シアトルから違法パペルの調査員ウィリアム・ゲルド(ティム・ロビンス)がやってくる。彼はその犯人がマリアだと知るが、彼女に心惹かれたため、マリアをかばって管理者に虚偽の報告をする。その夜、ウィリアムと食事に出かけたマリアは、動物学者デミアン(デイヴィッド・ファーム)に違法パペルを手渡す現場を彼にわざと目撃させる。マリアは法を犯してまで都市を飛び出し、自分の道を歩もうとする人々に共感して違法パペルを進呈してきたのだ。ウィリアムにとってそれは驚きであり、その日の早朝、彼はマリアと肉体関係を持つ。そしてシアトルの家庭に戻ったばかりのウィリアムに、再び上海行きの命令が下される。スフィンクス社から再び違法パペルが発行されたのだ。デミアンは滞在先のインドで病死。マリアは市外にあるクリニックに移送され、法規46の違反により、記憶をすべて消されていた。ウィリアムは衝撃と混乱のあまり、逃げ出そうと空港に向かう。しかしパペルの期限が切れていたため、出国拒否。ウィリアムはマリアに違法パペルの偽造を頼み、2人は外の世界へと旅立つ。再び愛し合う2人だったが、交通事故を起こし、ウィリアムはマリアとの記憶を消されて家族のもとに帰される。一方、マリアはそのまま無法地帯に追放されるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年11月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:CODE46

2004年10月下旬号

劇場公開映画批評:CODE46

2004年10月上旬号

キネ旬チョイス 「CODE46」:マイケル・ウィンターボトム監督 インタビュー

キネ旬チョイス 「CODE46」:作品評