男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴィレッジ

  • びれっじ
  • The Village
  • The Village
  • 平均評点

    66.7点(338人)

  • 観たひと

    695

  • 観たいひと

    47

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2004/9/11
上映時間 108分
製作会社 ブラインディング・エッジ・ピクチャーズ=スコット・ルーディン・プロダクション
配給 ブエナ ビスタ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

呪われた村に秘められた禁断の真実を描くミステリー。監督・製作・脚本は「サイン」のM・ナイト・シャマラン。撮影は「レディ・キラーズ」のロジャー・ディーキンス。音楽は「サイン」「オーシャン・オブ・ファイヤー」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「マッチスティック・メン」のトム・フォーデン。編集は「白いカラス」のクリストファー・テレフセン。衣裳は「サイン」「コールドマウンテン」のアン・ロス。出演は「サイン」のホアキン・フェニックス、「戦場のピアニスト」のエイリアン・ブロディ、「マップ・オブ・ザ・ワールド」のシガニー・ウィーヴァー、「天国の青い蝶」のウィリアム・ハート、これが本格的なデビューとなるブライス・ダラス・ハワード、「アダプテーション」のジュディ・グリアー、「トロイ」のブレンダン・グリーソン、「ドリーマーズ」のマイケル・ピットほか。

あらすじ

1897年、ペンシルヴァニア州。深い森に囲まれた人口60人ほどのこの小さな村で、人々は自給自足の生活を営んでいる。だがこの共同体を守るために、村人は不可解な掟を義務付けられていた。しかし鍛冶職人のルシアス・ハント(ホアキン・フェニックス)は、閉鎖的な村の生活に飽き足らず、外の世界への好奇心を日々募らせていた。彼の恋人は、村の指導者エドワード・ウォーカー(ウィリアム・ハート)の娘、アイヴィー(ブライス・ダラス・ハワード)。彼女はほとんど盲目だったが、おぼろげなイメージを感じることはできた。幼なじみのノア・パーシー(エイドリアン・ブロディ)は、精神のバランスを欠いており、いつも村と禁断の森の境界をうろついていた。彼はアイヴィーを愛しており、ルシアスに憎悪を募らせていた。そしてアイヴィーの姉、キティ(ジュディ・グリアー)の結婚式の前日、ノアの手に、不吉な色とされる赤い花が握られていたことをきっかけに、突然村の平穏な日々は終わりを告げる。家畜が不気味な死体となって発見され、相次ぐ惨劇の中、錯乱状態に陥ったノアがルシアスを刺す。アイヴィーは瀕死のルシアスを救う医薬品を手に入れるため、村を脱出する決意をする。禁断の森を抜け、初めて町に出た彼女。するとそこは、舗装された道路の現代社会。目の見えないアイヴィーは気づかなかったが、村は現代社会での生活に傷ついた者たちが作り上げた共同体だったのだ。アイヴィーは薬を手に入れ、再び森へ。するとそこに怪物姿のノアが現われ彼女を襲うが、ノアは転落死。アイヴィーは無事、ルシアスが死に至る前に薬を持って村に戻るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年11月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:ヴィレッジ

2004年10月下旬号

劇場公開映画批評:ヴィレッジ

2004年9月下旬号

特集 「ヴィレッジ」:M・ナイト・シャマラン監督 インタビュー

特集 「ヴィレッジ」:M・ナイト・シャマラン作品を読み解く