男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マッハ!!!!!!!!

  • まっは
  • องค์บาก
  • Ong Bak: Muay Thai Warrior
  • 平均評点

    73.1点(137人)

  • 観たひと

    267

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル アクション
製作国 タイ
製作年 2003
公開年月日 2004/7/24
上映時間 108分
製作会社 BRE
配給 クロックワークス=ギャガ=ヒューマックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD-EX
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

密輸組織に盗まれた神聖な仏像の首を取り戻すため、ムエタイの達人である青年が闘う本格アクション。アクションシーンでは一切、ワイヤーやCG、カメラのトリックを使わずに撮影され、タイの伝統武術ムエタイが本格的にアクションシーンに取り入れられた。本国タイではハリウッド大作を押さえて興収No.1のヒットとなり、世界40カ国以上での公開が決定するほどの大成功を収めた。主演はスタントマン出身のトニー・ジャー。

あらすじ

タイ。のどかなノンプラドゥ村の寺院に祀られている仏像。村を数々の災いから守ってきたその神聖な守り神「オンバク」が作られてから、24年が経過していた。まもなく、それを記念する式典が開催される。しかしある晩、「オンバク」像の首が切り落とされ、何者かによって持ち去られてしまった。犯人は、この村出身のドン(ワンナキット・シリプット)だった。彼はバンコクで、冷酷なコム・タン(スチャオ・ポンウィライ)率いる密輸団の仲間になっていたのだった。この事件を災いの前兆と見なした村の長老たちは、孤児のティン(トニー・ジャー)に希望を託す。僧侶プラ・クルから古式ムエタイを学んだ彼は、「オンバク」像奪還のためにバンコクへ向かう。バンコクでティンはドンの居場所を探るため、同郷のジョージ(ペットターイ・ウォンカムラオ)のもとを訪ねる。だが、彼は孤児の少女、ムエ(プマワーリー・ヨートガモン)とコンビを組んで、イカサマをしながら毎日危険と隣り合わせの生活を送っていた。最初は協力的に見えたジョージだが、隙をついてティンの持ち金を奪い、夜の街に消えてしまう。彼を追いかけたティンは、ある場所にたどりつく。そこは毎晩、違法な賭け試合が繰り広げられているコム・タンの格闘技場。だが、時すでに遅く、ジョージがティンの金を勝負にかけてしまっていた。ティンは村人から授かった大事なお金を取り戻すために、自らリングに上がることを決意し、チャンピオンを一撃秒殺する。その後も、コム・タンの策略により、各国のファイターたちと闘うことになるが、誰もティンにはかなわなかった。彼は一躍「プラドゥの伝説」の称号を得ることになる…。その翌日、ティンの熱い想いに心動かされたジョージは、ティンとともにドンの居場所を突き止めるが、そこには娼婦のンゲク(ルンラウィー・バリジンダークン)がドラッグまみれで倒れていた。ドンはその場から逃亡、トゥクトゥクでの大追跡の末、ティンはチャオプラヤ川の養殖場に沈む、多数の石像を発見する。それはコム・タンが密売のため、水中に隠していた国宝級の美術品だった。一方、病院で息を引き取ったンゲクの姿を見て、ムエは号泣する。2人は姉妹で、妹の学費のために姉はドンのもとで働いていたのだ。悲しむ間もなく、ムエはコム・タンに人質に取られてしまいコム・タンは彼女と「オンバク」像を返すことを条件に、ティンに最強の用心棒サミン(チャタポン・パンタナアンクーン)とのムエタイ試合を持ちかける。だが、それもコム・タンの仕組んだ罠に過ぎなかった。果たして、ティンは「オンバク」の像を無事に取り戻し、災いが続くノンプラドゥ村を救うことが出来るのだろうか? 「プラドゥの伝説」ティンの命を懸けた最後の闘いがいま、始まる!

関連するキネマ旬報の記事

2004年9月上旬号

劇場公開映画批評:マッハ!