男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スパイダーマン2

  • すぱいだーまんつー
  • Spider-Man 2
  • Spider-Man 2

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.9点(583人)

  • 観たひと

    1366

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    49

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2004/7/10
上映時間 127分
製作会社 マーヴェル・エンタープライゼズ=ローラ・ジスキン・プロダクション
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演トビー・マグワイア Peter Parker/Spider-Man
キルスティン・ダンスト Mary Jane Watson
アルフレッド・モリーナ Dr. Octavius(Doc. Ock)
ジェームズ・フランコ Harry Osborn
ローズマリー・ハリス May Parker
ドナ・マーフィ Rosalie Octavius
J・K・シモンズ J. Jonah Jameson
ダニエル・ギリース John Jameson

解説

正義のヒーロー、スパイダーマンとして生きる青年の活躍と心の葛藤を描いた人気アメリカン・コミックの映画化の続編。監督はシリーズ前作に続き、「ギフト」のサム・ライミ。製作総指揮・原作はマーヴェル・コミックスの名誉会長であり、シリーズ前作や「ハルク」などを手掛けるスタン・リー。撮影は「マトリックス」シリーズのビル・ポープ。音楽はシリーズ前作に続き、「ハルク」「ビッグ・フィッシュ」のダニー・エルフマン。出演はシリーズ前作からの続投として、「シービスケット」のトビー・マグワイア、「ブロンドと柩の謎」のキルスティン・ダンスト、「ソニー」のジェームズ・フランコ、「太陽の雫」「ギフト」のローズマリー・ハリス、「ギフト」のJ・K・シモンズほか。新しい出演者に、「”アイデンティティー“」のアルフレッド・モリーナほか。

あらすじ

ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は、新聞社デイリービーグルでバイトをしながら、大学に通っている。一方、MJ(キルスティン・ダンスト)は念願の夢だった舞台女優としてのキャリアをスタートさせる。また親友ハリー(ジェームズ・フランコ)は、自分の父を殺したのはスパイダーマンだと思い込み、彼を倒すことを誓っていた。こうした人間関係と、疲労で学業に集中できないことに悩みながらも、ピーターはスパイダーマンとしてニューヨークの街を日々守っている。だがそんな彼の前に、2年前に倒したグリーン・ゴブリンを超える強敵が現われた。伸縮自在の人工アームを操る怪人ドック・オフである。その正体は、科学者のドクター・オクタヴィウス(アルフレッド・モリーナ)。実験の事故で金属製のアームが肉体と融合し、人格まで凶暴になったのだ。しかも彼は自分がこんな姿になったのはスパイダーマンのせいだと思い込み、復讐を誓っていた。ピーターはドック・オフとの戦いの中で、スパイダーマンの正体が自分だとバレてしまうが、そのことで人々の支持を得る。そしてドック・オフを見事に倒す。だがハリーは、いよいよスパイダーマンと対決することを決意。一方、MJは新しい恋人との結婚式を直前でキャンセルし、ピーターのもとに駆けつけ、彼とキスを交わすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年9月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:スパイダーマン2

2004年8月上旬特別号 創刊85周年記念特別号1

劇場公開映画批評:スパイダーマン2

2004年7月下旬号

特集 「スパイダーマン2」:キルスティン・ダンスト インタビュー

特集 「スパイダーマン2」:ジェームズ・フランコ インタビュー

特集 「スパイダーマン2」:サム・ライミ監督 インタビュー

特集 「スパイダーマン2」:スーパーヒーローVFX技術

特集 「スパイダーマン2」:原作の世界、映像の世界

特集 「スパイダーマン2」:スパイダーマン映像小史