男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スターシップ・トゥルーパーズ2

  • すたーしっぷとぅるーぱーずつー
  • Starship Troopers 2: Hero of the Federation
  • Starship Troopers 2: Hero of the Federation

amazon


  • 平均評点

    49.3点(127人)

  • 観たひと

    219

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/6/12
上映時間 92分
製作会社 ティペット・スタジオ=スタートゥループ・ピクチャーズ
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演リチャード・バージ Capt. V.J. Dax
コリーン・ポーチ Pvt. Lei Sahara
ビル・ブラウン Pvt. Ottis Brick
エド・クイン Gen. J. G. Shepherd
ドリュー・パウエル Pvt. Kipper Tor
エド・ローター Gen. J. G. Shepherd
ケリー・カールソン Pvt. Charlie Soda
サイ・カーター Pvt. Billie Otter
ブレンダ・ストロング Sgt. Dede Rake

解説

ロバート・A・ハインラインの原作を基に、昆虫型生物バグズと人類の凄惨な戦いを描き話題を呼んだSFアクションの続編。ストップモーション・アニメの巨匠フィル・ティペットが初監督を務め、製作と脚本には「ロボコップ」「スターシップ・トゥルーパーズ」のスタッフが集結した。

あらすじ

人類と昆虫型生物=バグズとの戦争が続く近未来。地球連邦軍は、テレパス能力を持ち作戦を立案するサイキックと、実戦担当の兵士たちによって構成されていた。現在、連邦軍はさらにバグズ活動ゾーンの奥深くへと進軍し、激戦を続けてきた。しかし、未だ終結の兆しは見えない。軍は今日も戦況の実態を隠して「英雄求む!」と勇敢な新兵募集のCMを流していた。その頃、シェパード将軍(エド・ローター)の中隊は敵の惑星で苦戦していた。シェパード将軍は、無数のバグズに周囲を包囲され、これ以上の被害を食い止める為、ディル中尉とレイク軍曹(ブレンダ・ストロング)に、隊を近くの前哨基地へ退却させるよう命じる。軍曹は将軍と共に残って戦うことを希望したが、将軍は部下2人を残して隊を退却させた。中隊は前哨基地に辿り着くが、基地はバグズの攻撃により荒れ果て、人間の姿は一人も見当たらない。通信室も破壊されていて、レイク将軍はサハラ(コリーン・ポーチ)ら兵士たちと基地内を調査し、ゴミ焼却炉に閉じ込められていたダックス大尉(リチャード・バージ)を発見。彼は青銅星賞、パープルハート銅賞などを受勲する功績を持っていたが、戦場で上官である大佐の命令を拒否し、彼を殺害して閉じ込められていた。ディル中尉はダックスを幽閉したままにするよう命令するが、ちょうどバグズが基地を急襲、戦闘が開始されサハラはダックスを解放して戦闘に参加させる。その直後にレーダーはバグズに追われ前哨基地に向かってくる人影を発見。それはシェパード将軍と3人の兵士だった。将軍と共にやってきたのは、戦場で将軍を助けた衛生兵のグリフ伍長(エド・クイン)とペック技術軍曹(J.P.マノウ)、そして彼らが見つけた美しい女性兵士ソーダ二等兵(ケリー・カールソン)。彼女は昏睡状態に陥っており、彼らが見つけたときからその状態が続いてた。将軍はダックス大尉の素性を知るが、士官として任務につくよう命じる。一方、ディル中尉は自分の命令を破ってダックス大尉を解放したサハラを叱責。彼女はかつて優れたサイキックで、思春期の訪れとともにその能力が弱まったが、最近はまた能力が強まっているのを感じていた。2人が対立しているときに、ダックスが現れ、ディル中尉を批判した。ダックスは自分が鍛えた若い兵士たちを上官の無謀な作戦で無駄死にさせてしまったことを語り、ディル中尉に、そんな戦争の栄光がどこにあるのかと問うのだった。しばらくして昏睡していたソーダ二等兵の意識が戻り、彼女はダックス大尉を誘惑するも、彼は取り合わない。するとサハラ二等兵の寝室に裸で侵入し、サハラが逃れると、今度はホートン二等兵に迫る。ホートンはその誘いに乗るが、彼はなぜか異常な反応を示した。そこにホートンと交際中のサンディー二等兵(サンドリーヌ・ホルト)がその場面を目撃。ショックで走り去った彼女の前に現れたのは、ソーダと共に基地にやってきた衛生兵のグリフ伍長。彼はサンディーを誘惑する。その頃、ソーダと一緒に基地にやってきたペック技術軍曹も不審な行動を起こしていた。設備の修理を頼むふりをして兵士を襲ったペックの口から出現したのは、新種のバグ=パラサイト・バグだった。彼はそのバグを兵士の口から身体に侵入させる。一方、基地の通信装置が修復され、シェパード将軍は救助隊を要請、救助隊は現在遂行中の任務を終えたらやってくることになる。しかし、パラサイト・バグの活動も急速に激化していた。衛生兵グリフは、まるでゾンビのように変貌したペックを連れ、オターの部屋を訪れ、ペックの体内から多数のパラサイト・バグを出現させて彼らを襲わせる。サハラは食事の配膳中にグリフ伍長の手に触れた途端、バグズのイメージが脳裏に浮かんだ。この頃基地内に不穏な気配を感じていたサハラは、ダックス大尉とともにディル中尉を訪ね、彼に自分の懸念を語る。グリフ伍長はすでに人間ではないということを……。

関連するキネマ旬報の記事