男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴェロニカ・ゲリン

  • べろにかげりん
  • Veronica Guerin
  • Veronica Guerin

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.2点(79人)

  • 観たひと

    158

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル 社会派 / 伝記
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/5/29
上映時間 98分
製作会社 ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

命の危険に晒されながらも麻薬犯罪組織を追い詰めていったアイルランドの女性記者、ヴェロニカ・ゲリンの半生を描いた社会派ドラマ。監督は「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。主演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのケイト・ブランシェット。

あらすじ

1996年6月26日、アイルランド、ダブリン。麻薬犯罪の実態を追い続けていたある女性記者が凶弾に倒れた。だが、彼女の死は人々を目覚めさせ、社会に変革をもたらすこととなった――。1994年。サンデー・インディペンデント紙の記者ヴェロニカ・ゲリン(ケイト・ブランシェット)は、麻薬犯罪の実態を取材していた。ダブリンの裏組織に詳しいトレイナーや、友人でダブリン警察の刑事から情報を聞き出し、関係があると思われる人々をヴェロニカはつぶさに調べ、訪ね歩いた。危険人物にもひるまず取材し、ありのままを記事にする彼女の半ば強引な取材方法に、同僚や他紙の記者たちは眉をひそめ、ジャーナリストの集まるパブでジョークのネタにしていた。ヴェロニカの執拗な取材は、麻薬売買組織の首謀者ジョン・ギリガンへと迫る。トレイナーのボスでもあるギリガンは注目を浴びることを好まず、トレイナーにヴェロニカとの接触を控えるように警告する。そして、ヴェロニカに対しても警告が発せられた。自宅の窓ガラスに残された銃弾の跡。この警告はヴェロニカに恐怖を与えると同時に、彼女の追求が核心に迫っていることを意味していた。だが、銃弾はヴェロニカの信念を変えることはできなかった。メディアとアイルランドの世論を味方につけ、彼女は再び取材を開始するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2004年12月下旬号

DVDコレクション :第178回 「ヴェロニカ・ゲリン」

2004年8月下旬特別号 創刊85周年記念特別号2

劇場公開映画批評:ヴェロニカ・ゲリン

2004年6月上旬号

キネ旬チョイス 「ヴェロニカ・ゲリン」:作品評

キネ旬チョイス 「ヴェロニカ・ゲリン」:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ論