男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ピーター・パン(2003)

  • ぴーたーぱん
  • Peter Pan
  • Peter Pan

amazon


  • 平均評点

    65.9点(64人)

  • 観たひと

    142

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/4/17
上映時間 113分
製作会社 ダグラス・ウィック/ルーシー・フィッシャー・プロダクション=アライド・スターズ
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

J・M・バリーが生んだ世界中で愛されてきた“永遠の少年”の物語を、本国イギリスでの舞台初演以来100周年を記念し、原作に忠実に実写映像化。ピーター・パン役には史上初めて少年を起用し、深いドラマ性も織り込み従来の映像化作品とは一線を画す仕上がりとなった。監督は「ミュリエルの結婚」「ベスト・フレンズ・ウェディング」のP・J・ホーガン。ピーター・パン役には、新人ジェレミー・サンプター。

あらすじ

小説家を夢見る少女、ウェンディーはいまだ本当の恋も知らない13歳の女の子。でも、周囲の大人たちはそろそろレディになるための教育を始める頃合いだと感じていた。いよいよ明日からのレディ教育を前にした、子供として過ごす最後の夜、彼女の前に不思議な少年ピーター・パンと小さな妖精ティンカー・ベルが現われる。ピーターは、ウェンディーが夜ごと弟たちに語るお話を聞きに何度も彼女たちの部屋へ訪れていたのだ。すぐに打ち解けた彼らは、海賊と妖精が住み、永遠に子供でいられる島“ネバーランド”へ向けて一緒に飛び立つ。

関連するキネマ旬報の記事

2004年4月下旬号

特集 「ピーター・パン」:『ピーター・パン』の100年の歴史

特集 「ピーター・パン」:ジェレミー・サンプター インタビュー

特集 「ピーター・パン」:ジェイソン・アイザックス インタビュー

特集 「ピーター・パン」:レイチェル・ハード=ウッド インタビュー

特集 「ピーター・パン」:リュディヴィーヌ・サニエ インタビュー

特集 「ピーター・パン」:P.J.ホーガン監督 インタビュー

特集 「ピーター・パン」:「ピーター・パン」映画史