男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

みんなのうた

  • みんなのうた
  • A Mighty Wind
  • A Mighty Wind

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.3点(7人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2001/1/31
上映時間 92分
製作会社 キャッスルロック・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

疑似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)の名手、「ドッグ・ショウ!」のクリストファー・ゲスト監督作。かつて一世を風靡したフォーク・グループの再結成を追うドキュメンタリーというスタイルをとった、ハートウォーミング・コメディ。出演は、「ホーム・アローン」シリーズのママ役で知られるキャサリン・オハラ、インディペンデント映画を中心に活躍するパーカー・ポージーなど。

あらすじ

1980年代にフォークソングの大ブームを巻き起こした伝説のマネージャー、アービング・スタインブルームがこの世を去った。彼の長男ジョナサン(ボブ・バラバン)は、かつて父が育てあげたフォーク・グループを再結成させ、追悼記念のコンサートを開こうと企画する。最初に電話をかけたのは、愛の破綻が原因で解散した男女のフォーク・デュオ、ミッチ&ミッキー。1974年にコンビを解散したあと、ソロ活動に転じたものの心を病んだミッチ(ユージン・レヴィ)は、いまも精神病院で療養中の身。いっぽうのミッキー(キャサリン・オハラ)は、専業主婦として平凡な毎日を過ごしていた。そんな彼女のもとに、ジョナサンに口説かれて重い腰をあげたミッチが訪ねてくる。ふたりは2週間後のコンサートに向けて練習を始めるが、解散の原因が愛の破局だけに気まずい雰囲気はぬぐえない。ミッキーにとっては、情緒不安定なミッチの様子も心配だった。彼らに比べれば、曲者揃いの男性トリオ、ザ・フォークスメンの再結成は比較的順調な滑り出しを見せた。プロテスト・ソングこそフォークの王道と考えるマーク(ハリー・シェアラー)、受け狙いの路線を主張するジェリー(マイケル・マッキー)、音楽の完成度を追求するアラン(クリストファー・ゲスト)。選曲や衣装の件をめぐり、それぞれの志向の違いが明らかになるが、そこは、酸いも甘いも味わった3人。台所に楽器を持ち込んでの練習は、だんだんと熱気を帯びていく。もうひとつのグループ、ザ・ニュー・メイン・ストリート・シンガーズは、9人の大所帯。彼らは、遊園地や州のお祭りなどで現役で演奏を続けていたが、マネージャーのマイクは、今回のコンサートが売り出しのチャンスになると大はりきり。その熱気に押され気味なのが、唯一のオリジナル・メンバーのジョージだった。また、事実上のリーダーをつとめるテリーと妻のローリーは、信仰する「色の宗教」でパワーを養い、「衣装の力でうまく歌える」と、シシーをはじめとする若いメンバーに激を飛ばす。そんなある日、ジョナサンのもとに、PBN(公共放送)からニューヨークのフォークの殿堂タウン・ホールでのコンサートと、その生中継が決定したと朗報がもたらされる。そうして迎えたコンサート当日。いよいよ世紀のステージの幕が上がる。

関連するキネマ旬報の記事