男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

すべては愛のために

  • すべてはあいのために
  • Beyond Borders
  • Beyond Borders
  • 平均評点

    60.6点(46人)

  • 観たひと

    96

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/12/20
上映時間 127分
製作会社 キャメロット・ピクチャーズ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演アンジェリーナ・ジョリー Sarah Bauford
クライヴ・オーウェン Nick Callahan
テリー・ポロ Charlotte Jordan
ライナス・ローチ Henry Bauford
ノア・エメリッチ Elliott Hauser

解説

エチオピア、カンボジア、チェチェン、イギリスと4ヶ国におよぶ壮大なロケーションの中で、10年に渡って繰り広げられる男女二人の真実の愛の物語。主演は「17歳のカルテ」「トゥームレイダー」のアンジェリーナ・ジョリーと、「ボーン・アイデンティティー」のクライヴ・オーウェン。監督は「007/ゴールデンアイ」のマーティン・キャンベル。

あらすじ

裕福なイギリス人のヘンリーと結婚し、社交界で何不自由のない生活を送っていた美しい人妻サラ。彼女はある日、義父の慈善活動の功績を讃える盛大なパーティに参加する。華やかな出席者が集う至福の時間。しかし和やかなムードは、痩せ細った一人の少年を引き連れて突如乱入してきた青年医師ニックによって、一転する。荒々しく壇上にあがったニックに、冷ややかな視線を浴びせる参加者たち。それを軽蔑の眼差しで見つめ返すニックは、「世界には今、この瞬間も死んでいく子供たちがいる」と語り始める。翌日あの少年が死亡したことを知った彼女は、私財を投じて援助活動に向かうことを決心する。

関連するキネマ旬報の記事

2004年1月下旬新春特別号

劇場公開映画批評:すべては愛のために

2004年1月上旬号

特集 「すべては愛のために」:アンジェリーナ・ジョリー インタビュー

特集 「すべては愛のために」:マーティン・キャンベル監督 インタビュー

特集 「すべては愛のために」:「すべては愛のために」にみる難民救済活動

2003年8月下旬号

超速報! 2004年話題作先取り:すべては愛のために