男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アマロ神父の罪

  • あまろしんぷのつみ
  • El Crimen Del Padre Amaro
  • The Crime of Father Amaro

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.2点(19人)

  • 観たひと

    57

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 メキシコ
製作年 2002
公開年月日 2003/10/11
上映時間 118分
製作会社
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

若き神父と美しい少女との禁断の愛を軸に、教会の様々な腐敗を描くスキャンダラスな内容が物議をかもし、メキシコ・アカデミー賞(アリエル賞)を総ナメにした。野心を秘めた若き神父を「天国の口、終わりの楽園。」のガエル・ガルシア・ベルナルが、神父を愛する少女・アメリアをメキシコの新星、アナ・クラウディア・タランコンが演じている。監督は、「差出人のない手紙」でグランプリを受けたナント三大陸国際映画祭ほか、ベネチア映画祭など数々の映画祭で国際的にも高い評価を受けているカルロス・カレラ。

あらすじ

新人神父のアマロ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、メキシコ、アルダマの小さな町ロス・レジェスの教会に派遣される。司教から有望株として大きな期待を寄せられている彼は、いずれローマへ行くための見習いにと、教会の司祭ベニト神父(サンチョ・グラシア)のもとに送られてきたのだった。町で小さなレストランを切り盛りするサンファネラ(アンヘリカ・アラゴン)の一人娘のアメリア(アナ・クラウディア・タランコン)は宗教心が厚く、積極的に教会の仕事にも参加していた。アメリアはアマロ神父の凄然とした振る舞い、野心に燃える瞳の中に愛する神の姿を見出し、憧れの気持ちを膨らませていく。アマロもまた、彼女の率直な愛の表現に戸惑いながらも、次第に引かれてゆくのを感じていた。ある日、思いつめたような表情で教会を訪れたアメリアは、告解室にはいるなり、「性欲のことで悩んでいる」と告白する。つとめて平静を装いそれらしい答えで取り繕うアマロ…。町に滞在してしばらく経つと、アマロは教会を中心にした様々な隠された真実を知ることになる。ベニト神父は、病院建設への寄付という名目で麻薬密売組織から金を受け取り、またアメリアの母サンファネラと長年の愛人関係にあった。別の教区のナタリオ神父(ダミアン・アルカサル)は、貧しい農民を救う目的でゲリラを支援しているという噂が…。そして地元の新聞にそれらの事実を暴かれると、アマロは新聞社に圧力をかけ、記事の揉み消しと関係者の処分を要求するようにと、司祭に命じられる。なにもかもが、思い描いた理想の世界とは、異なっていた。そして押さえきれないアメリアへの想いが噴き出し、ついにふたりは肉体関係を持ってしまう。アマロとふたりの幸せな生活を夢見るアメリアは「神父を辞めてほしい。結婚して一緒に暮らしたい」と告げるが、アマロは聖職者としての野心を捨てきれない。ロス・ジェレスで知った教会の絶対的権力はあまりにも大きく、抗えないものを感じていたアマロは、彼女の気持ちに応えることができない。そして運命は、更なる非情な枷をふたりの愛に与えようとしていた……。

関連するキネマ旬報の記事