男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カンガルー・ジャック

  • かんがるーじゃっく
  • Kangaroo Jack
  • Kangaroo Jack

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.9点(12人)

  • 観たひと

    31

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル コメディ / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/9/27
上映時間 89分
製作会社 Castle Rock Entertainment=Jerry Bruckheimer Films=Warner Bros. Pictures
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「アルマゲドン」「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが贈るアクション・コメディ。出演は、「ザ・エージェント」のジェリー・オコネル、「ふたりの男とひとりの女」のアンソニー・アンダーソン、「PLANET OF THE APES/猿の惑星」のエステラ・ウォーレン、「ディア・ハンター」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のクリストファー・ウォーケンなど。

あらすじ

ニューヨークの下町ブルックリン。この町に暮らすチャーリー・カーボーン(ジェリー・オコネル)とルイス・ファッチ(アンソニー・アンダーソン)は、親友どうし。20年前、溺れかけたチャーリーをルイスが救って以来の仲だった。その時、チャーリーにはルイスがスーパーマンに見えたものだけど、いまやルイスはとんだ疫病神。楽天的で向こう見ずな彼は、手っ取り早く金を稼ごうとよからぬ事を企み、そのたびチャーリーを巻き込む。気がつけば、ふたり仲良く泥沼状態。そんなこんなで、うまくゆかない人生を送っているチャーリー。ただただ、まじめに静かに分相応に生きたいと願っている彼には、さらにもう1人、超厄介な疫病神がついている。マフィアのボスで継父のサル・マッジオ(クリストファー・ウォーケン)だ。この氷の男にとっては、人の命など紙くず同然。チャーリーは彼におびえ、経営する美容院の利益をほとんど吸い取られても、文句を言うことすら出来ない。ある日、ルイスに頼まれたチャーリーは、盗品運搬の手助けをする羽目になる。トラックいっぱいのテレビを運んでいた彼に、お約束の災難がやってきた。うっかり警察の注意をひき、サルの倉庫に逃げ込んだチャーリーたち。そこには、警察にはけっしてお見せできない品々がすし詰めになっていた。もはやこれまで! 海に投げ込まれ、鮫のエサになることをも覚悟したルイスとチャーリーに、サルは最後のチャンスを与える。2人の役目は、現金5万ドルをオーストラリアにいるサルの仲間に届けること、ようするにお使いである。あばよブルックリン、待っててシドニー! 2人は勇んでアメリカを後にする。あやうく税関に引っかかりかけながらも、なんとかオーストラリアに到着した2人。サルの仲間ミスター・スミス(マートン・ソーカス)が待つ内陸部アウトバックを目指して、ジープを駆って荒野を突っ走る。ルイスのラッキー・レッド・ジャケットには、5万ドルが詰め込まれていた。なんだかちょっぴり良い気分になったのもつかの間、ドスン! とものすごい音がして、2人のジープは大きなカンガルーをはねてしまう。人のよいチャーリーはなんとかカンガルーを蘇生させようとするが、ルイスはノリノリ。カンガルーに自分のジャケットを着せて、写真を撮りまくる。妙に人間くさい風貌のこのカンガルーは、ブルックリンにいるお友達<ジャッキー・レッグス>にそっくり。ルイスが彼を、<ジャッキー>と名付けた時、それまでのびていた<ジャッキー>が起きあがった。チャーリーの顔面に強烈なカンガルーキックを見舞うと、ジャケットを着たまま猛スピードで砂漠を飛び跳ねるジャッキー。2人はそのおかしな姿に大爆笑。しかし、ジャッキーの姿が荒野に消えるころ、ルイスの笑い声は涙声に代わっていた。ジャッキーとともに砂漠へ消えたジャケットには、そう、5万ドルが隠してあったのだ!! ここは荒野のど真ん中、金もなければ手がかりもなく、ジープは故障、金をネコババされたと思いこんだミスター・スミスにも追われ、絶体絶命の2人。野生動物の保護活動を行っている美女ジェシー(エステラ・ウォーレン)の助けを借り、必死の思いでカンガルーを追う彼らだが……。

関連するキネマ旬報の記事