男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドリームキャッチャー

  • どりーむきゃっちゃー
  • Dreamcatcher
  • Dreamcatcher
  • 平均評点

    57.0点(197人)

  • 観たひと

    406

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル ホラー / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/4/19
上映時間 135分
製作会社 キャッスルロック・エンタテインメント=NPVエンタテインメント
配給 ワーナー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演モーガン・フリーマン Col. Abraham Curtis
トーマス・ジェイン Dr. Henry Devlin
ジェイソン・リー Joe `Beaver' Clarenden
ダミアン・ルイス Gary `Jonesy' Jones
ティモシー・オリファント Pete Moore
トム・サイズモア Lt. Owen
ドニー・ウォルバーグ Douglas `Duddits' Cavell

解説

スティーヴン・キングの原作を「白いドレスの女」「わが街」の巨匠ローレンス・カスダンの手により映画化。少年の頃に同じ秘密を共有した4人の男たちが、次々と起こる不吉な出来事に見舞われながら人類の運命をかけて謎の存在に立ち向かう。

あらすじ

メイン州の小さな町。ジョーンジー、ヘンリー、ピート、ビーバーの4人は、一風変わった少年ダディッツを助ける。不思議な力を持つダディッツの神秘的なパワーは4人にも伝わり、彼らはある秘密を共有することになる。それから20年の歳月が過ぎ、年に一度北方の森にある狩猟小屋に集まるのが、彼らにとって毎年の恒例となっていた。1年ぶりの再会に楽しい時を期待していた4人だが、なぜか不吉な出来事が次々と起こる。それは彼らを、そして人類全体を襲う悪夢より恐ろしい驚愕の運命の予兆に過ぎなかった……。

関連するキネマ旬報の記事

2003年5月下旬号

劇場公開映画批評:ドリームキャッチャー