男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

記憶のはばたき

  • きおくのはばたき
  • Till Human Voices Wake Us
  • Till Human Voices Wake Us

amazon


  • 平均評点

    59.3点(13人)

  • 観たひと

    22

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 オーストラリア
製作年 2001
公開年月日 2002/9/14
上映時間 101分
製作会社 オーストラリアン・フィルム・ファイナンス=シネメディア=ヒューマン・ヴォイス
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

オーストラリアの田舎町を舞台に繰り広げられる、ミステリアスなラブ・ストーリー。主演は「メメント」のガイ・ピアース。共演は「鳩の翼」のヘレナ・ボナム=カーター。これが長編デビュー作となる監督のマイケル・ペトローニが、脚本も手がけている。

あらすじ

寄宿学校から帰郷したサムは、足の不自由な幼なじみの少女シルヴィと再会、互いにこれまでとは違うほのかな恋心をつのらせる。そんなある夜、湖で語り合ううちに、サムはシルヴィの義装具をはずし、彼女を水の中へと誘う。湖の中で優しくキスを交わし、恋人としての幸せ味わっている瞬間、サムはふと握っていたシルヴィの手を失ってしまう。彼女は二度と見つかることがなかった。そして20年後、精神分析医となったサムは、父の葬儀のため故郷へ戻る列車でルビーと名乗る女性に出会う。ルビーは過去に遭った事故の影響で記憶を失っており、サムは“言葉あそび”で彼女の記憶を取り戻させようとするが……。

関連するキネマ旬報の記事