男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クレーヴの奥方(1999)

  • くれーぶのおくがた
  • La Lettre
  • La Lettre

amazon


  • 平均評点

    68.1点(13人)

  • 観たひと

    30

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 文芸
製作国 ポルトガル フランス スペイン
製作年 1999
公開年月日 2001/6/9
上映時間 107分
製作会社 V.O.Films
配給 アルシネテラン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ラファイエット夫人による17世紀のフランス古典文学を、「アブラハム渓谷」の巨匠マノエル・デ・オリヴェイラが現代の社交界を舞台に描いた文芸恋愛ドラマ。主役のカトリーヌを、マルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴの間に生まれたキアラ・マストロヤンニが演じる。

あらすじ

宝石店の娘カトリーヌは、熱烈にアプローチする青年フランソワの愛に応えることなく、医師のクレーヴ伯と結婚する。ある日、グルベンキャン財団主催の夜会に夫婦で出席したカトリーヌは、ゲストのロック歌手ペドロ・アブルニョーザに特別な感情を抱いてしまう。彼もまた美しいカトリーヌに心惹かれるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2001年7月下旬号

劇場公開映画批評:クレーヴの奥方

2001年6月上旬号

新作紹介:クレーヴの奥方

1989年2月上旬号

外国映画紹介:クレーヴの奥方