男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

殺したいほど アイ・ラヴ・ユー

  • ころしたいほどあいらぶゆー
  • I Love You to Death
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.5点(66人)

  • 観たひと

    136

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1990
公開年月日 1990/11/2
上映時間 0分
製作会社 チェスナット・ヒル・プロ作品
配給 トライスター映画=コロムビア・トライスター映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

浮気亭主を殺そうとしたのはいいが、それが並み外れた体力の男だったことから起こる大騒動を描くコメディ。製作はジェフリー・ルーソーとロン・モラー、監督は「偶然の旅行者」のローレンス・カスダン、脚本はジョン・コストメイヤー、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はケビン・クライン、トレイシー・ウルマンほか。

あらすじ

ピザハウスを経営するジョーイ・ボーカ(ケビン・クライン)は1日16時間働きながらも、“水道管修理”と称しての浮気が日課の毎日。しかし、ある日妻のロザリー(トレイシー・ウルマン)は夫の浮気の現場を目撃。それまで亭主を愛し、信じてきた彼女は、怒りと悲しみで錯乱状態におちいる。その姿を見た母親のナージャ(ジョーン・プローライト)は何と、いっそのこと殺してしまえとロザリーを焚きつけ、母と娘の壮絶な夫殺し作戦がスタートした。まず殺し屋を雇って暗闇で襲わせ、次にジョーイの車にブレーキの細工をするがいずれも失敗、何も知らないジョーイは警察を呼ぶ始末。そこで母娘は大量の睡眠薬を入れたスパゲッティを作り、ジョーイを昏睡させることに成功する。ナージャは前からロザリーのことを想っていた店員のディーボ(リバー・フェニックス)を言いふくめ、銃口をジョーイに向けさせる。が、弾は命中したのにジョーイはいびきをかいたまま。恐くなったディーボはハーラン(ウィリアム・ハート)と、アーロン(キーヌー・リーブス)に応援を頼み、再び弾を打ち込むが、並み外れたタフマンのジョーイは死なないどころか、かえって睡眠薬が切れて目覚めてしまう。そこへ警察が到着、ナージャ始め全員が逮捕され、ジョーイは病院に担ぎ込まれる。が、他人の心配をよそに生命をとりとめた。

関連するキネマ旬報の記事

1990年11月下旬号

グラビア:殺したいほどアイ・ラブ・ユー

1990年11月上旬号

外国映画紹介:殺したいほどアイ・ラブ・ユー