男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

モレク神

  • もれくしん
  • Molokh
  • Moloch

amazon


  • 平均評点

    73.3点(21人)

  • 観たひと

    32

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 ロシア ドイツ 日本 イタリア フランス
製作年 1999
公開年月日 2001/3/31
上映時間 108分
製作会社 レンフィルム=ゼロフィルム=ふゅーじょんプロダクト=ラピュタ阿佐ヶ谷
配給
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演エレーナ・ルファノワ エレーナ・ルファーノヴァ
レオニード・モズガヴォイ レオニード・マズガヴォイ
Leonid Sokol レオニード・ソーコル
エレーナ・スピリドノワ エレーナ・スピリドーノヴァ
Vladimir Bogdanov ウラジミール・バグダーノフ

解説

ロシアを代表するアレクサンドル・ソクーロフ監督が、独裁者ヒトラーを主人公に、その肖像を剥ぎ取りひとりの男としてとらえた作品。脱力したスラップスティック・コメディのような演出で、ファシズムの恐怖を描いている。

あらすじ

1942年の春、ヒトラーが腹心のゲッべルスやマルティン・ボーマンたちと共に、とあるたびから愛人エバのいるベルヒデス・ガーデンに戻ってくる。エバと二人っきりになるとヒトラーは駄々をこね、ゲッベルスたちといる時は「この中に反対者がいる」などと猜疑心をのぞかせたと思えば、自分には魅力がないと言っては、自分をさげすむ。そこには独裁者の姿はない。

関連するキネマ旬報の記事

2001年5月上旬号

INTERVIEW:アレクサンドル・ソクーロフ(「モレク神」「ドルチェ-優しく」)

2001年4月上旬特別号

新作紹介:モレク神